無能の日記【2001〜2015年】

くらげ無能な41歳無職が貯金を切り崩しながらどこまで生きれるか日々の徒然を日記として記していきます。

2002年09月

私はどこまで落ちるのだろう?

今日の仕事は色塗りだった。
ぬり絵なんて子供の頃以来だから手がガクガクふるえたよ。
でも、ちゃんとぬれたんだぁ。えらいでしょう。
で・・・ぬれた時点で、仕事が終わったんだぁ。
これでいいんだよね?

・・・・・・・。

本当に今のままでいいのかってよく考える。
どこまで落ちたら気がすむんだろう。
坂をゴロゴロと転がり落ちて、気がつけば底が見え出しているんだよね。
こういうことを言うと高校生の時のことを思い出すんだ。
高校に入学した時の成績はたしか上位にいたはずなんだ。
それがテストが終わるにつれ、どんどん順位が下がっていったんだ。
卒業時には約570人中530番目くらいになっていた。
三年間で転落していくのが実感できた。よい経験だったなと思う。
しかし、これで終わりじゃなかったんだ。
570人中530番目でも終わりじゃなかった。
このあと、まだまだ転落していったんだ。
人は、栄光をつかむためにのぼり続けていくと、全てのものを味方につけて英雄になると思うんだが。
反対に転落していると、全てのものが自分の体から抜けて行くんだ。
金も力も頭の中も運も全てなくなっていく。
これ以上なくなるものなんてないはずなのに、まだ彼らは私から奪おうとしているんだ。

うん。人生って街金みたいなものだなとよく思う。
転落している人間の彼らはケツの毛まで抜こうとするのさ。
私もいずれ全てを彼らに奪われてしまう。
何もなくなった時が、死なんだろう。

今からでも歯止めがきくのだろうか?
普通に考えたら無理だね。
日本は敗者復活しずらいから、ここから這い上がるのは不可能に近い。
これからも、ずっと底辺で這いずり回る人生で終わることだろうよ。

ダメな一日

今日は昨日のうってかわってダメダメでした。
朝から恒例のプールに行く。
2キロ泳ぐ。
今日はサウナに初めて入りました。
で・・・終了。

帰ってから、だらだらと過ごしてしまい、あっちゅうまに一日が終わっていったのでありました。
はぁ~。最悪な一日ですな。
こんなんでいいんでしょうか?
今日の予定は、散髪しに行くことと、ビデオ借りに行くことだったのだが、結局何もしませんでした。二兎追うものは一兎も得ずです。
全然、意味違うけど・・・・。もう、だめぽ。

今、メールソフトが不調なんですよ。
いつも受信用にしか使っていなかったんですよね。
な~んでか!メルトモがいないから送信なんてしなくてもよかったからなんです。
送信したらエラーが出るんですよ。わけわかんないよ。
オフ会の幹事って結構大変なんですね。メールいっぱい来るんですけど・・・処理できない・・・。はう。
来週のオフの雲行きが怪しくなってきている。
なんとかせねば・・・。
って・・・・ほんまに人来てくれるのだろうか?
まあ、明日にはわかるだろう。
来なかったら来なかったで、しょうがないさ。
って・・・こんなこと書いたら余計こなくなるんじゃぁ・・・。
げぇ!!
はあ。明日から神戸の仕事やるんだわん。
いやだなぁ~。

今日の格言:つぶやくこと、暇のごとし

神戸オフに行ってきたよ♪~

朝起きて思ったこと・・・「だるい」
兵庫の降水確率も60%ということもあってか、行きたくなくなりました。
しかし、Dさん一人を戦場に出すわけにもいかず、しぶしぶ仕度をし、電車に乗る。

PM2:30集合にギリギリ間に合う。
改札を出て右のキヨスク前・・・・いた。
異様な集団が・・・・ひとめで分りました。それを見た瞬間、圧倒されました。やる気なくなりました。
で、Dさんと合流、Dさんの友達のMさんを紹介される。
が、全然オフが始まらない。
誰かが遅刻しているらしい・・・・・。
その時は分からなかったが、徐煮衣という人でした。
「ブルータス、お前もか?」そんな言葉が浮かびました。

で、総勢23人?のオフ会のはじまりとなりました。
が・・・なんなんでしょう?
この一団はスーパーに入リ出したんです。
何これ?
スーパーで買い物オフか?
なんか買出しをして広場で飲むということらしい。
しかし、昼間から飲むのか?
凄い不思議な光景に胸を打たれました。
早くかえりてぇ~。

で、みんなどこかに向かうという意識があるのかどうか分らない常態のようでした。知らない間に、私達三人が先頭に立つ。
っていうか!みんな歩くの遅すぎ!
だらだら歩くなYO!
私はダメ人間だから、たしかにだらだらは好きさ。
でもね、目的地まで行ってそれから、だらだらしたいのだよ。
目的地に着く前からだらだらしたくないのだ。
そういう意識のあるダメ人間とないダメ人間は違うのだ!
というような細かい不満が胸いっぱいに広がったのでありました。
で、広場につく、みんな腰を下ろす。
っていうか・・・みんなバラバラだし、これってオフ会なの?
って疑いたくなるような風景がそこには広がっているのでありました。
で、三人でトーク。
かな~り浮いているのを肌で感じながら・・・・・。
しかし、周りを見渡しても集合した時よりも、人少ないし、幹事おらんし。
なんじゃこりゃっていう殺伐とした風景が広がっていたのでありました。
そう、そうなんだよ。
オフ会っていうものは、みんなでワキアイアイして楽しかったねって言い合えるものを望むべきところではないんだ。そう!食うか食われるか弱肉強食の世界なんだ。
幹事さんは、私達にその事を教えたかったのかもしれません。




って!なめとんのか!
オフ会で放置プレイなんて酷すぎるよ!
放置されながら、ハァハァハァ。ア~ン。こんなに放置されたら興奮してしまう。
こんな気持ちいいオフ会があったなんて!もうこのオフ以外では物足りない♪って誰が思うんじゃぁ!!
ボケ!!

で、夕方くらいになって(その間、三人でずっとお話してました。交流ゼロ)集合かけられて、「これから各自で自由行動で、夜の8時にここに集合してください」って言われました。
はぁ?
耳を疑いました。オフ会で自由行動ってきみぃ!!
各自で楽しんできてね!私はショッピングを楽しむから♪~ルンルン♪~
って、あんた!どういう神経しているんだよ!
オフ会幹事が参加者を放置プレイにした挙句、みんなを放流して自分はショッピングを楽しむ、そんなことがあっていいんですか?


「いいんです!」と川平慈英風に幹事さんは胸をはって言うでしょう。
最初の予定では、ランプミュージアムというところに行くってのがあったので、行きたい人だけ行くということになった。
で、とりあえず、みんながどういう行動に出るか観察する。
約20人もゾロゾロと一団になって行くんだったら、うざいからやだなって思っていたんですが、そんなに行く人も少なかったので、そっちについて行きました。来週のオフもあることだし、それなりに顔売って、成果をあげておかないとねという意味で・・・。
この時、この一団についていったのが、13人でした。

が、これが後々、良い選択をしたと思う。

まず、南京町?ちょっと分らないんだけど、とおりをテクテク歩く。
途中で豚マンを食う。551の方がうまいじゃん!って食った瞬間言ってしまったが、半分以上食べると肉汁?の味がなんともいえないくらい、うまかったです。これ150円だったけど正解でした。
ここで、また足を止めて少しだらだらしていると・・・・。




ついに救世主が現れたのです!!
この殺伐とした世の中に救世主が!!
誰もが望んでいた、救世主が!!
過酷な労働に疲れあえいできた労働者達に目指す目標を指示し、革命を起こそうと立ち上がった者が現れたのだぁ!
あの人!いいっす!いい男です!おっとこまえです!
マジ!惚れました!しかし、掘らせませんw
救世主のおかげで、このオフが違う方向に向かい出したのでした。
で、意見をまとめてカラオケに行く。
30分くらいかけて自己紹介する
で、カラオケ♪~
最後にM君がゲロ吐く♪~
そしてぶっ倒れる。KOです。

しかし、私は彼には同情しています。
一応、副幹事だったのが、M君とYさんだったんですけど。。
このペアが二人でこのオフを引っ張っていっていたからなんだ。
二人は18歳と19歳のペア。
この若い二人が20人以上という大人数のオフ会を成功させようと思って動いていたわけだから、やっぱりプレッシャーとかあったと思うんだよね。
私だったら到底出来ないことだからさぁ。
M君は昼間、無理に飲み過ぎたんだろう。
シャアだったら「若さゆえの過ちさ」と言ってくれるんだろうけど、私には何も言えなかったよ。
お二人さん、お疲れさまでした。

ここで、お二人さんは強制送還されました。

で、この時いた所が、元町だったんだけど、8時に集合するところがメリケンパークだんたんですよ。
元町の方が店あるから、こっちに来てとDさんが電話すると、わかりましたといういいお返事がくるのでありました。
時間がたってまた電話すると、これもまたよいお返事でした。
でも、待っていてもしょうがないので、店に先に入っていようということになる。
まあ、この時でも、私は電話なんかせずに勝手にこっちはこっちだけで飲もうぜぃ!もう別にいいじゃん!という気持ちになっていたけど、周りの人は一応、幹事さんの顔をたてないとっていう雰囲気に包まれていました。
あ~。なんていい人達なんだ~。
こんなこと思う私ってやっぱり冷たいのかしら?
きゃぁ~。どうせ、冷酷無比な孤立無援な人間ですよ!ゴルァ!!

で、先に店に入る。そしたら幹事から電話がかかってくる。
「いけません」
・・・・・・・はぁ?
そう!逆転無罪判決が下ったのでありました!!
まじかよ!どうするの?あの広場で、昼間みたいに飲むの?
信じられない・・・・。またあの屈辱的な放置プレイを慣行するなんて・・。っていうか?参加者はみんなマゾなのか?
そうか。そうだったんだ!
私は知らないだけで、参加者はみんなマゾだったんだ!
放置プレイで身悶えするオフ会参加者達・・・・・。
おお!エロイです!エロすぎます!
こんなオフ会がネット史上、今まであったでありましょうか?
マゾの人!行ってください。楽しめます。

で、11人でこじんまりとした飲み会となる。
しかし、はっきりいってこのオフ会は成功だったと思います。
っていうか、ここにいる人、みんな魅力的な人ばかりでした。
他の人はどう思っているか知らないのですが、私的には最高のオフ会だったと思います。こんなオフを経験できたのはラッキーだったかなって思います。
今までオフ会少ないながらも行きましたが、これほど行ってよかったって思うこともなかったので・・・。
まあ、ミニオフみたいに小人数のなら別ですけど。
8人以上くらいの大人数のオフで、みんな魅力的って結構ないんですよね。
例えば、こいつ、うざいなとかって奴、やっぱりいるじゃん。
こいつさえいなければ楽しいオフになったのにとか・・・。
何にも交流なくてあれ?そういえばあそこの席に誰かいたよね。みたいなことってあるじゃん。
そういうのがなかったんですよ。
楽しかったって言えるようなオフってあるけど、参加者全員が印象深かったっていうのは、あんまりないんだよね。

っていうか、このメンバーでもう一度、オフやりてぇ~。

しかし、自分の部屋に帰って来て一人になると、やっぱり思うんだよね。
今日、会った人はみんな魅力的なのに・・・・私だけ・・・ぅぅぅ。
はう。
私だけ人種違うじゃん!

早く普通の人間になりてぇ~
闇に隠れて生きる俺達、ダメ人間なのさ♪~

神戸に行ってくるよ♪

金曜の夜って一番心が和むね。
一週間を耐えて、そして訪れるつかの間の幸せ。
しかし、時間はあっちゅうまに過ぎ去って、日曜の夕方に
なると憂鬱になるんだよね。
金曜の夜が一番、私にとってはよか時間なんだよな。

今日も職場でだらんだらんとしていました。
少しのお仕事と、手のひらいっぱいのネット遊びと・・・。
しかし、隣に上司が座っていても、もうどうどうとしたもので・・・。
無神経にネットしてます。(笑)
こういうところだけ豪胆な部分が出るんだよね。
普段は小心なのにさぁ。
ダメ人間になる快速キップを持っているようだ。
どんどん、どんどんダメになりにけり。
もうダメぽな人生なのでありんす。
誰か助けて~という声も届かず、私はつまらない一生を過ごすことになるでしょう。

私!神戸に行って来ます♪
火曜日にお仕事で神戸にいくのだぁ。
特に仕事をするわけではない。
ただ行くだけ・・・・。
だたの子供の使いなのさぁ。
前の職場では、よく「そんなん、子供の使いやんけー」
って怒鳴られたものだが・・・。
今は違う!子供の使いで結構!って言えるものね。

明日も明後日も仕事らしかったが・・・。
私は上司に「無理っす」とこの一言で免除された(笑)
っていうか私なんかいたって役にたたないよ。
ミスター昼行灯様なのさぁ
上司に「車運転できるよね?」って言われたけど・・・。
私は即答で「無理っす」
これで、運転も免除された(笑)
だって、運転なんて近所しか出来ないんだもん。

わっはっは。
使いモノにならない男!ここにあり!
どうだ!まいったか!!

今日のお仕事は紙きりをやった。
ハサミを左手で持って、体を音楽に揺らしながら・・・。
紙を切っていくのです。
東京タワー!
富士山!
小鳥さん!
ワンちゃん!
タマちゃんも作りました。
お客様に喜んでもらいましたぁ~。

私も職業柄、ハサミを持つと体が揺れてしまうんですよ。
はい。お嬢チャン、出来ましたよ。
プレゼントです。

こんな感じで今日は終わりました。
はぁ~。紙キリ芸って疲れるねえ。
どんな職業でも大変なのが分りましたとさ。

自分の評価と真面目について

今日、何をしていたかと聞かれたら非常に困る。
だって、何もしてなかったんだもん。
仕事中、ずっとネットしているんだから、しょうがないよね。
もう、やばい状態だよ。
上司が最近、やめるバイト君の事を話している。
私は近くにいるから、どうしても耳に入ってしまうんだ。
でも、断片的にしか聞こえてこない。
昔から、そうだった。
私は耳が悪いんだろうか?
人よりも聞き取りにくい耳をしているんじゃないだろうかと思ってた。
たぶん、興味がないから、そういうのを知らないうちに遮断しているんだと思います。
そういう噂話が好きな人は周囲に気を張って、逐一社内の情報をキャッチして情報として入るんだろうけど・・・。
私に入るのは、いつも最後の方なんだ。
え?あの人やめるの?って感じでさあ。

今日もそんな話をしていたような気がするが、どういう経緯でやめるのか、あんまし分らないし、どうなっているのかも分らないんです。
たぶん、上司が上層部の人に電話で、その人の事を話していたんだけど・・。周りと話はしない、でも、仕事は指示した事を的確にしているって評価だった。もちろん上司は、人の事を悪くいう人じゃないので・・・そんな評価を語っていた。
深読みすれば、「こいつ暗いっす。周りとコミュニケーションとったとこ見たことありません。仕事はとりあえずやっているって感じです。」って感じなんだろう。はぁ。

小学生の先生もそれらしい事を言っていたな。
この子は真面目な子です。ってさあ。
真面目ってさあ。それ以外に表現の仕方がない、印象の薄い人間に対して言う言葉って私は小さい頃に悟ったよ。
本当は、先生は母親に「あんたの子、暗いです。教室で浮いてますよ」って言いたかったんだろうね。
もし、大人しくて何の能力もなく、それでいて不真面目な子供に対しては、なんていうのだろう?
私は、それだった。
学年が始まったばかりの時は、大人しいから真面目という印象があるが、終盤になると、真面目でないと当然のごとくバレるわけだよね。
学年の最後なんて三者面談とかなかったから結局分らずじまいだが・・もし、あったらなんと先生は言ったんだろうか?
凄く今でも疑問なんだよね。

で、今の上司も私に対してなんて評するんだろう?
対人関係に難あり → 職場に言っても会話なんてゼロ!
怠慢こいて遊びまくってる → 仕事していない。
完全に見えない君と化し、それでいて何の利益にもならない給料泥棒である私のことをなんて評するのだろう?
まあ、上司はそれとなりに評してくれるんだろうが・・・・。
腹の中では、めちゃくちゃに言われているんだろう。
はぁ~。

こんな事、考える前に、ちゃんと仕事しろよ!
はいはい。どんな事があっても仕事はそれなりにしかしませんえ。(*`▽´*)

孤高の戦士

休み明けの仕事って毎度ながら、だるいですよね。
今日もほとんど仕事しませんでしや。
ざっと2時間くらいです。こんなんでどうするんだろうねえ。
私には作業を持続してやるってことが出来ないようです。
そういう体に知らない間になってしまっているようです。
結局、高校の時もまともに勉強しなかったのも、これが原因なのかなと今となっては、思いますね。
勉強しないというより、机に向かって10分ももたないんだよな。
真正ダメ人間なんだよね。仮性じゃないよ。

もう9月も終わってしまい、今年も残すとこ3ヶ月となってしまいました。
約3ヶ月後には私も29歳となってしまいます。
こんな自立できていない29歳も珍しいかもしれません。
たぶん。一人では生きていけないんでしょう。
はあ、年齢があがるにつれ自分の将来も絶望する度合いが増えていくのが実感するんですよね。
まず、この孤独な状態をなんとかしないといけませんよね。

一番好きなものは孤独なのだが、一番嫌いなものを孤独なんだよね。
孤独死という言葉がある。
私もそうやって死んでいくのかと思うと、なんの為に生まれてきたんだろうって思うよね。
あ~。ここから抜け出したい。

孤独だと世界が狭くなって、情報が入らないから話題が少なくなっていく、そうなると他人とまともに会話が出来なくなり、人付き合い能力がなくなっていく、こうなると人を避けるようになり、周りの人からも同時に避けられるようになる。ここまで来たらもう孤高の戦士の免許皆伝となる。
もう抜けられない。
自分ではどうすることも出来なくなっていく。

私は今、どの段階なんだろう?
孤高の戦士の目録くらいだろうか?
早く抜け出さなければ!あと3ヶ月で少しでも前に進みたい。
立止まったままでいると、本当に壊れかねない。

「麦客」を観て感じたこと。

この3連休も部屋に閉じ篭り寝て過ごしてしまいました。
先週の3連休も同様な時間を過ごしてしまいました。
何度、無駄な時間を過ごせば、私は気がすむのでしょう?
永遠に気づかないまま、時間だけが過ぎ去っていくことでしょう。
苛立ちはあるものの、その発散の方法を知らない。
どうしたらいいのだろう?

この日も朝起きてテレビをつけたらNHKで「麦客」というドキュメント番組をやってました。
「麦客」とは(マイカ)と読むそうで、中国の百姓事情をとりあげていました。ここ十年で中国は変わりました。
共産主義の時は、全農民の配分は均等となっていましたが、それがなくなった為に、百姓の貧富の差も激しくなってしまいました。
秋になると黄河流域で麦が出来ます。それを刈る日雇い労働者のことを「麦客」と呼ばれています。
麦客になるのは、黄河流域よりも痩せた土地に住んでいる農家が主として出稼ぎに鎌一本を持ってやってくるのです。
そして、そこで雇われて、鎌で麦を刈り、刈り入れ時の1ヶ月くらいかけてお金を稼ぐ、それが麦客なのです。
今のそういう人達を、「老麦客」と呼ばれています。

時代が変わりました。
河北は、黄河流域よりも土地が肥えており、大都市に隣接されているため、豊かになっていきました。そこでは、農家が1件に1台のコンバインを所持するくらい豊かになっているのです。
黄河流域の狩り入れ時に、この河北の農家もコンバインに乗って出稼ぎとして黄河流域にやってきます。これを「鉄麦客」と呼ばれています。

この三つの地域、河北、黄河流域、中国の山ん中の村だけでも貧富の差は歴然としています。住んでいる家一つにしても全然違うんですよね。
この「鉄麦客」によって、「老麦客」が駆逐されかかっています。コンバインは当然のごとく、早くくて麦の脱穀も瞬時にしてしまうのですから・・・。
これから、ますますこの差は広がっていくでしょう。

この番組を見ていて、日本もいずれというか近い将来、こんな風になってしまうのかなって思いますよね。自分は極貧農家に位置するようになるんでしょう。まあ、当然の結果ですよね。
しかし。その老麦客の男連中は、どんな困難があってもめげない、強い意思が感じられました。汗を流して働いていれば、いずれ報われると・・・私には、一生かかっても、出来ないことですよね。
私は根性なしですから・・・・。

休みの朝から涙が出てきました。
自分には到底・・・・・・・・・・。

「オフ会」と「まっしろしろすけ」

休みの日は何かしなければという強迫観念みたいなのがあるのだが・・・。
今日も結局、一日中寝てしまっていた。
寝るという行為に関しては、無敵なんじゃないかと思うぐらいだ。
これでも、南紀睡眠流の免許皆伝者なのだからな。( ̄ー+ ̄)ふっ
あの、のび太を超えているんじゃないかと思うくらいさ。
彼は3秒あったら寝れるらしいから、ちょっと負けているかもしれないが、私も布団の中で目を閉じたら知らない間に寝れてしまうくらいのツワモノなのだよ。
ツワモノどもが夢のあと・・・・・いや、夢の中である。

一日中寝ていると頭が真っ白になるんだよねぇ。
いや、寝てなくてもボーっとしていると何も考えていないので真っ白な状態なわけなんだ。
毎日、私の頭の中で、まっしろしろすけが走り回っているんだよね。
まっしろしろすけ出ておいで!と叫んでも全然、出ていってくらないんだな、これが。
ずっと私の頭に巣作って、より量産しているという感じだ。
昔はそれほど無気力化もひどくなかったんだが、最近は無気力も度がすぎるくらいに進行しているような気がしている。
たぶん、旧式のまっしろしろすけがモデルチェンジして新型になっているんだと思うんだぁ。
これ以上、進行をさせるわけにはいかない!
ここで歯止めをかけなければ私はこいつに体ごと乗っ取られそうで怖い。
自分の中で下克上が起こる。いや加賀一向一揆が起こるのか?
私の末路はあの富樫氏のように破滅しか残っていないかもしれない。

で、私が何を言いたいかというと、今日は何にもしなかった!ってことを言いたかっただけなんだ。
何もない一日を日記に書くのは、はっきり言って無理!
だから、こうなってしまった。っていうかいつもこんな感じということは、毎日、何もしていないんだよね。^-^;アハハ...

今は消化試合をやっているみたいなものだ

今日も辛いし、明日も辛い、これからも永遠と辛い毎日が続いていくのであろう。
私には救いはないのかぁ。
神様~。神様~。
なんで私だけ、こんな風になってしまったんでしょう。
毎日、毎日、生きている気がしない無駄な時間ばかりおくって、それでも私はこの生活にずっと耐えなければいけないんでしょうか?
どうして私だけ・・・・。
私だけ・・・・。

御清聴ありがとうございました。

あ~。起きてからずっとあの音楽が頭の中で鳴りつづけているよ。
永遠と消えないでやんの。
今日もいつもどおり仕事してない。2時間程しただけ・・・。
たぶん、仕事していないのバレバレだろう。
それを咎めないんだから、優しい上司なんだね。
そのうちキレられるんだろう。
もしかして、あの人がキレる最初の人間になるのかも!?
それだけは避けたい。
わざわざ眠っている寅を起こしたくない。
って普通の人なら起こさないんだろうけど・・・。
私は最近、ちょっとやばい。
まあ、そんなに戦力として期待されてないからなんだけど・・・。
そろそろ仕事真面目にしなきゃなぁ。
今週も結局、な~んにもしてなくてよ。オホホホホ!
ただ席に座っていただけなのよ。オホホホホホ!

私の今日、一日はざっとこんなもん。
出社!いつもギリギリに入る。
席に座ると同時にネットで遊ぶ。
12時前に煙草吸いにいく。
帰ってきたら昼食時間で人がいない。
誰もいない職場で一人で弁当を食べる。もちろんネットしながら・・・。
昼食タイムが終わってもその余韻に浸りつつネットで遊ぶ。
気がついたら3時になっている。
やばい!と思って、煙草吸いに行く。
かえってきてから、もう少しならいいかと思い、ネットで遊ぶ。
4時になって、マジでやばい!と思い、仕事をはじめる。
しかし、30分で眠くなる。
睡魔に克てないので、とりあえず煙草吸いにいく。
帰って来て仕事する。
6時になったら、そっこうに帰る!
いっつも一番乗りだぁ~。

帰り際に当然煙草吸うのだぁ~ -y(^o^)..oO○ぷふぁ~

こんな奴、他にいないよねぇ?
あ~。ダメ人間が板についてきている!
まじでヤバァイです。
普通の人間には一生なれなそうです。
ちょっと諦めモードに入っております。
はぁ~。消化試合なんだ。
私は生まれた時から消化試合をしていたわけなんだ。
そうか。だからつまんなかったんだぁ。

川の流れに逆らわず

いつから私はこんな人間になったのだ。
いろんなものに流されてしまう。
時間に流される。
その場に流される。
自分から動こうとしない。
逆行できない。

今、職場を川と見たてているのだが、川に逆らわず、そしてどんな魚にも交わらず孤立している。
自分の席から例のようにF氏に対しての説教劇場が見れる。
この劇場の一等席だ。
ただ傍観し、、そして自由に泳ぐ、誰の気がねなしに。
人生もそんな感じいずれは後悔するんだろうが、危機感もなしに泳いでいる。周りの人達は口をパクパクして交流というものをしている。
そして必死に泳ぎまわっている。
これが自然というものなんだろう。
私には出来ない。
一生できないのかもしれない。

いつのまにこんな風になってしまったんだろう。
人を寄せ付けないオーラを無意識のうちに出してしまうんだ。
いつからこんな特殊能力を使えるようになったのか、不思議でしょうがない。北斗流拳でいうなら魔闘気ってとこなんだろう。
私もいずれ人の心をこの魔闘気によって奪われてしまうんだろう。
その時は人ではなくなる。
ニュースで流れる異常者の犯罪はこやって生まれるのだ。
私もいつかはそうなるかもしれない。
そうならないためにも、今、動き出さないと。
そうだ。人間として生きることを見つめなおさないと。
とりかえしのつかないことになってしまう。
ぷろふぃーる
名前:くらげ
年齢:42歳
職業:無職プランナー
年収と貯金からみる経歴
「進撃の無職」早見ページ
ひとり旅まとめ

月別アーカイブ
記事検索
メッセージ