無能の日記【2001〜2015年】

くらげ無能な41歳無職が貯金を切り崩しながらどこまで生きれるか日々の徒然を日記として記していきます。

2006年10月

ポールスミスって何?



今日もマ・クベ。
ほんまむかつく。
細かいことをグチグチグチグチ。。。
いつもお前はどうやねん!って心の中で呟いています。
ほんまにしんどい。
毎日。。。こんな奴と一緒に仕事していると疲れますよ。

この人。。。嫌味を言う才能があるんだろうなぁ。
もう。。。ええっちゅうねん。
聞き飽きたっちゅうねん。

心も体もズタズタですよ。
毎日。。。サンドバック状態っすからね。
っていうか。。。これ。。。イジメっていうものなんだろうなぁ。
これからも耐えるしかないんだろうなぁ。。
あぁ。。。あぁ。。。

休憩時間に。。。
なんでか知らないけど。。。
隣で財布の話になった。
私はもちろん会話に入らず聞いていただけだが。。。
誰かが「僕のサイフはポールスミス!」と言い出す。
すると「俺もポールスミス!」
「私もポールスミス!」と言って財布を出しだす。

PAUL SMITH ポールスミス 二つ折りメンズ財布 ブラック型押し 1033-3350B

ポールスミスってなんや?知らんわ!
なんかブランド名っぽい。
興味全くな~し!!
そこの休憩所にいた人間で私ともう一人を除いて。。。
みんなそのブランドを持っていたのである。
けぇ!欲しかねぇ~よ。そんなもの!
しかし。。。今時の学生って金持っているよなぁって思いましたです。

ここで暮らし始めて四年目になるけど。。
この三年間。。。服すら買ってないよ。
購入したのは下着のみ。それもパンツも靴下も100均でである。
あ。。。Yシャツも100均で買ったな。。。あとシャツもな。
はい。私はとりあえず今も昔も貧乏なんです。

ちなみに私の財布を写真で撮ってみました。
どっかの駅の前の店のワゴンで売られていた1000円の財布だ。
一度だけ和式便所で自分が出したうんこの上に落としてうんこまみれになった事がある財布だ。すぐにちゃんと洗いましたよ。
ほんまに洗ったってば。きれいきれいしたってばよ。
嘘やないでぇ~。

預り金不足額をご入金願います。



昨日。。。信用の期日が近づいていたので。。。
おもいきって損切りしたら。。。
こんな画面が出たんです。
Eトレに金入れろ!ボケ!!って言われたんです。

初めてです。
こんな画面が出るなんて。。。
もう。。終わりです。

1801enの不足。。。
何やってんだ。。俺。。
今日。。。銀行に行って入金してきました。
完全。。。敗北。。。
損切りしたとたんに株価は上がりだすし。。
で。。。今日も上がっているし。。。
終わってるね。
もう。。とうぶん。。市場から離れた方がいいわ。
ボロボロやわ。

私は何の為に働いているんだろう?
少ない稼ぎを切り詰めて証券会社に貢ぐ日々。。。
少数部隊を毎月のように繰り出しても。。。
投入したとたんに爆撃食らって。。
消えていく。。。僕のお金達。。。
なんか「坂の上の雲」の中の旅順要塞攻囲戦みたいやわ。
悪循環。。。それもこれも全て私の無知が原因だ。
もう。。撤退しよう。
さすがに疲れてきたよ。

【今日の出来事】

今日も何もしませんでした。
一応。。ランニングはしたけど筋トレはせず。
今月に入ってランニングは7回、筋トレは1回。
なんだかする気になれないんだよね。体が重いんだ。。。
そして心も重い。。。

初めてすかいっぷしてみた。
どうやら。。。新しいマイクを買わなくちゃいけないようです。
今。。使っているマイクって5年くらい前にPCに付属していたものなので。。
声が遠いらしいっす。う~ん。買うか。。金ないけど。。。

Skype(すかいぷ)

昨晩、何を思ったか。。。
目次を新しく作ろうと思って。。。
自分のブログを最初から読み直すはめになりました。
一応。。。完成したんですが。。。
気付くと朝になっておりました。

最新の目次 

工場勤務→株無職→破綻→面接生活→飲食業

と。。この一年で身分も変わっていっているのですが。。。
あいだの無職期間の文章って。。。ほんまに終わってますねと感じました。
まぁ。読んでいると狂っている様を見ていて笑えるんですが。。。
で。。。ブログ内をちょこちゃこ改造をして終了です。

今日は午後2時に起きました。
で。。。ぼ~っとしていたら夜になって一日が終わってしまいました。
何もしてません。いつもどおりです。
やること。。。山積みなのに。。。何にもしてません。

夜。ヤフートピックスを見ると日本ハムが優勝したというニュースを見ました。
私はホークスファンです。いや。。。だったというべきか。。。
なんか全く興味がなくなってしまったな。正直どうでもいい。
プレーオフ制度になってからか。。ソフトバンクになってからか。。自分ではよく分からないんだけど。。。一気に野球熱が冷めてしまいました。
今年も。。。プロ野球ニュースさえ一度も見なかったです。
もう。。。なんか見たいという気にならないんですよね。なんか。。。
というか野球だけではないのかな。全てのものに対して興味が消えていっているような気がします。なんかね。人生が終わりに近づくと人ってこういう風になってしまうのかね。

【Skype(すかいぷ)】

skypeを登録して半年が経とうとしています。
しかし。。。一度も使用していません。
半年前に誘われて導入したんですが。。。
導入したとたんに。。。その人に放置されたんです。
そのまま。。。待つこと。。。半年。。。
導入したものの。。。ほんまに使えるのかさえ分かりません。
う~ん。なんだこれ?

すかいぷの説明はこちらです。→ココ 

とりあえず私の会話の練習相手になってくれる人を募集します。
私は会話というものが出来ません。
声。。。うわずっています。
蛙を踏んだ時のような声をしています。
声はかなりコンプレックスを感じています。
ああ。。私も千葉繁さんのような素敵な声だったらなぁ~

自信がある奴が妬ましい(2) 村岡万由子編

マンコ広げて写真を撮らせること。。。
これさえも自分に相当に自信があるんだろうなってどうしても思ってしまう。
そうだよね。本人はそうではないと言うかもしれないけど。。。でも。。。自信からくるものだと私は思う。どうぞこんな素晴らしい私を見てください。ってっさ。→ ココ


私は自分に自信がない。
私の写真は。。中学生になる前までならちゃんと残ってはいる。
両親がその頃までは可愛い息子の成長記録を写真に残してアルバムとして作成していたんだよね。そのアルバムにはさ。「○○くんの小学校の入学式」とか「○○くん、六甲山にて」とか写真の隣に小さい紙に書いて貼ってあるんだ。それらのアルバムは今は実家にあるんだけど。。。たま~に見ると。。。何故だか。。。涙が出てくるんだよね。
両親の期待を一心に浴びたはずなのに。。。こんな風になって本当にごめんなさい。。。

これ以降。。。
中学校にあがって以降。。。両親と一緒に行動しなくなった為に家族との写真が存在しなくなりました。
友達もいなかったので。。。写真に撮られる事がありませんでした。
たまにクラスの集合写真や修学旅行の写真があるくらいです。
それ以外はなんもない。私の学生時代の記録なんてなんもないのです。
二十歳超えてからは。。。さらに私の写真はなくなっていった。
写真に撮られる事さえ嫌になったのだ。
写真に写る自分の顔に耐えれなくなる。
どれもこれもキモイ男が写っているんだ。
そんな顔を写真に残してどうするんだい。

【古本】20世紀少年 1~21巻セット

その為か。。。完全に20世紀少年のサダキヨ状態。
学生の頃。。。社会人の頃。。。廃人時代。。。
俺は。。。あの時。。。あの頃。。。いったいどんな顔をしていだんだろう?
全く。。。なんも残っていない。
自信のある奴がうらやましい。
自信のある奴が妬ましい。

村岡万由子を見て。。。私はそう思ったのでした。

【自信がある奴が妬ましい:おわり】

孤立を恐れるな!

今日で七連勤目である。
かなり体がガタがきております。
明日は待望の休み!素直に嬉しいです。
戦士には休息も必要なのれす。
私は戦士。最前線で戦うもの。。。
戦況は日々悪化していっております。
完全に孤立。。。孤軍奮闘であります。
毎日。。。疲れています。
この戦い。。。いつまで続くんだろうか。。
泥沼化。。。泥沼化。。。

昨日、要領いい君が帰宅する時に。。。
自転車で踏切りを渡ろうとしてですね。
あ。。。遮断機がしまる~と思って。。。
自転車を走らせてくぐろうとしたら。。。
頭に遮断機が落ちてきて。。。
遮断機の金具で頭をおもっくそうちつけられてですね。
頭に手を当てたら。。。。手に真っ赤な血が出てましたとさ。

それで。。。病院に行って。。。
ホッチキスで4針。。。パチパチパチパチとして。
帰宅したとのことです。
今日は頭にアミアミの帽子?みたいなものをかぶっていました。
えっと。。。今日のサッカーのインド戦で誰だったかな?
同じような頭にアミアミをつけた奴いてたっしょ?あんな感じでした。

で。。。その話を私が聞きだしたわけではもちろんなく。。。
隣で主任達にその話を面白おかしく話していたわけです。
私はそれを聞いていただけ。。。みんなは笑っていましたが。。。
何が面白いのか私にはイマイチ分からなかったのですが。。。
談笑。。。談笑。。。談笑ですか。。。
私の目の前で。。。談笑ですよ。

わっはっは!
談笑の輪の中に私は入れません。
ずっとひとりだ!そしてこれからも!
孤立を恐れるな!!!!!!!!!

孤立を恐れるな!新装増補改訂版

【そして伝説に・・・。】

昨日、書いた後に思い出したんやけどさ。
「そして伝説に・・・。」のことである。
『三十路ダメ男通信2』がⅢになった時に。。。
「そして伝説に・・・・。」となるはずだったんだ。
だが。。。こんなていたらくじゃ伝説になりようもない。
這い上がるはずだったのに。。。。
今もずっと底辺で這いずり回っている。。。
日経平均とともに沈んでしまっている。
伝説か。。。きっとホームレスになった時にそうなるんだろうなあ。
路上生活だと。。。ネット出来ないからブログ更新出来ないよな。
このブログもいずれ。。乞食ブログみたいになっちゃうんだろうか。。。。
ほんま疲れてきたよ。

泥沼だよ!人生は!

だめだ。
ほんとだめ。。。
もうだめだわ。。。
やっぱ。だめだわ。。。
完全にだめ。。。終わった。

そして伝説に・・・。

仕事。。。全然慣れないんです。
はっきりいって向いていません。
書きたい愚痴は結構あるんだけど。。
何から書けばいいのかさえうまく整理が出来ていません。
選択誤ったね。。俺。。。これからどうすればいいんだろうか。
あぁーあぁー。
なんか突破口はないものだろうか。。。

何かいい手は。。。。
仕事方面で泥沼化しているんだからさ。。。
他の事で光が射してくれればもうひと頑張りでも出来ると思うんだけど。。。
新興ボロボロだし。。。もう。。。まじでだめだわ。
生きる気力。。。最後の気力さえも毟り取られてしまっています。
もう。。。まじでだめだわ。

「負けた」教の信者たち

撤退か。。。
なんかこっち方面も泥沼化している。
勝てない戦いをずっと続けている感じ。。。
太平洋戦争の時の日本軍みたいな感じ。。。
泥沼。。。泥沼。。。
何度同じ間違いを犯せば目が覚めるんだろうか。。。
今年で。。。何度目だ?
もういいかげんにしないと。。。
そろそろ。。。負けを認めよう。
あかん。ほんま。。。だめだ。

どっかから光射さないかなぁ。。

自信がある奴が妬ましい(1)

233137cc.jpg
ミクシィの例の娘について
この前、初めて高校名を知ったんだ。
同窓会がどうのこうのって。。。書いてあったからさ。
こいつ。。。エリートじゃん!
私の隣の学区のトップ校じゃんかよ!
私の中学のクラスメイトがどういうルートを使ったか知らないけど。。
この学校に行っていたよなぁ。
そっか。そうですかいな。
エリートですか。。。次元が違う人でしたな。

ミクシィとかで本名載せたり自分の顔写真を載せる人って。。。
相当に自分に自信がある人だと私は思う。きっと自分が歩んできた人生に悔いはないと思っている人達。。。私にはそう見えてしまいます。
私はそんなもん見せられないよ。だって嫌やもん。
自分の恥ずかしい歩んできた人生なんて。。。人には見せられないよ。
ミクシィ内には自分の出身校のコミニティもあるわさ。
調べたら同級生も何人か発見したわさ。
でもさ。そいつらに今の私の現状を知られたくはない。
こんな底辺で這いずり回っている事を知られたくない。
相手はおそらく私の事など覚えてはいないだろうけど。。。
でも。。。知られたくない。

もし私が事件などを起こしたとしたら。。。
たぶん。そういった奴はインタビューで。。。
僕のことを。。。「誰それ?そんな奴。。。いたっけ?」って言うだろう。
それか。。。「昔から暗いジメジメした奴だったよ。その時からなんかやりそうな感じはしていましたね。」なんて答えるんだろうな。

私は自分の過去を全て消し去った男だ。
27歳以前の繋がりのある人間なんて家族を除いて一人だっていない。
27歳以降はネットしだしてから。。。ネットの知り合いが増えた。
僕の携帯電話の登録リストの中身は全てハンドルネームである。
他人に見られたら。。。かなり痛い奴って思われるんだろうな。

この前の取材でインタビュワーさんから言われた事だけど「友達が全くいないというのは珍しいですね」っと。。。どんな人でもたいがい少なくとも友達や知り合いが一人か二人はいるもんだけど。。。全くいないというのは本当に珍しい」っと。。。。うん。たしかに普通は一人くらいはいるよね。でも。。私は一人もいないんだ。それは今さら言ってもしかたがない。だってずっと一人で生きてきたねんもん。

【つづく。。。】

超英人

今日は日曜日。
客。。。来すぎです。
正直。。。疲れました。
あと一日が残っているんだよね。
やっぱ。。。私も飲食なんてむいてねぇ~わ!!

今日は何気にスムーズに仕事をしていたのだが。。。
最後にきて。。。小姑マ・クベに嫌味を言われる。
うざいな。まじ。うぜぇーよ。

ラストオーダーが終わってからさ。
従業員総出で仕込みをし始めたんだけど。。。
俺。。。やる事ねえ~んだわ。
っていうか。。。自分のポジションのこと以外。。
したことないし。。。
何をしたらいいのか。。。分からない宙ぶらりんな状態って。。。
めっちゃ。。辛いよな。
それでいて。。。帰れないんだからさ。。
あ。。。もう。。。どうでもいいや。

ここ最近。。。仕事している時に。。。
口ずさんでしまっている曲がある。
きらきらアフロの中で流れていた曲。。。「超英人」である。

きらきらアフロ 2004

【超英人♪】

超英人 超英人 超超超超超英人
超英人 超英人 超超超超超英人

マネージャーが寝過ごしただと~
受話器の向こうで今起きました~あ

ええがなええがなまあまあええがな
まぁまぁまぁまぁええがな~

超英人 超英人 超超超超超英人

自分の主役のはずのイベントな~のに。
新聞記事ではゲスト扱い~い。

ええがなええがなまあまあええがな。
まぁまぁまぁまぁええがな~

ちょうええひと ちょうええひと 超超超超超英人
ちょうええ人 ちょうええ人 超超超超超英人

超英人の曲は→ココ 

ミクシィで探してみたら。。。
超英人のコミニティが出来てる!
ただいま136名!!
という事で。。。まぁまぁまぁええがな。。。。

私は。。。ええ人じゃないね。
いい人って自分に余裕がある人だと私は思うな。
余裕のない人は。。。。みんな。。。口には出さないけど。。。
心の中はドロドロだと思う。いろんな悪魔を心の中で飼っているのさ。

辞めたい同盟



今日は三連休の初日。
そこそこ忙しかった程度でした。
日曜、祝日が一番キついかなって思っております。

今日。。。休憩の時に高卒ルーキー君と一緒になる事があって。。。
少し会話をしましたので。。。
その時の話を今日は書こうかなって思います。

まあ。二人が話す内容は。。。ズバり!退職の話だったんやけどね。
高卒ルーキー君が「もう。しんどい。絶対やめてやる!」って言ったので。。
私がその言葉に乗ったって感じでしょうか。。。
「とかいいながら。。。やめへんって。」っと。。。
高卒ルーキー「いや。絶対にやめますって。。。僕。。。飲食業なんて絶対に向いてませんもん。」
私「そんなことないやん。店長だって月一ミーティングの時に才能あるって言っていたやん。仕事出来ているんだからあっていると思うよ。」
高卒ルーキー「いや。むいてないです。土日とか普通に休める仕事がしたいんですよね。普通の生活がしたいんです。飲食業だと出来ないじゃないっすか。」
私「まあ。そうだけど。転職するにしても。。。した後にきっと後悔すると思うよ。僕は何回も職を変えているけど。。。結局、新卒で入ったところが一番よかったもん。いろいろな面でね。きみもそういう事になるんじゃないかな。」
高卒ルーキー「いや。飲食はもういいです。」

とまあ。こんな感じの会話をした。

で。。。何を思ったか。。。工場で働きたいとか突然言い出す。
工場って!工場は三交代制とかでさ。土日とか休めると決まっているわけじゃないやん。夜勤とかもあって大変だと思うよ。体がボロボロになるでぇ。と私が言うと。。。
彼曰く。。。でも。。大きな休みはあるじゃないですか。GWとかお盆とか年末年始とかね。ここ。。。なんもないですやん。ずっと働きづめですよ。
もう。飲食はもういいです。

私。。。でもさ。やめさせてくれないと思うよ。店長がね。
彼。。。いや。やめてみせます!!

ここらへんで他の人が入ってきたので。。。話は終わったのでした。
まあ。。私の予想では。。たぶんやめんでしょう。
というか。。。この高卒ルーキーが私とは退職の話しかしないのは。。。何ゆえか?おそらく。。。この店舗内で辞めたがっている候補の私が第一位なんだろうなぁ。

僕の最後のファンタジーは金とともに消えた

今日も仕事。
休み前なので仕込みで時間を食ったんやけど。。。
特に問題なく終わる。売り上げじだいもそんなでもなかったしね。
いつものようにだらだらと過ごしたわけだ。
誰と会話するわけでもなく。。。一人で黙々と時間を潰したわけだよ。

休憩中に主任と同期の要領いい君が会話しているのを隣で聞く。
二人ともニンテンドウDSを持っていてですね。
どうやら「ファイナルファンタジーⅢ」を購入していてプレイしているらしい。
で。。。その話をしていたんだ。
話を聞いていると。。。どうやら二人ともファイナルファンタジーをするのがこの作品が始めてという事が分かった。

え???である。

主任は私より年齢が二つ下。要領いい君は4つ下である。
たしかFFⅢは私が高校二年の時に発売されたはず。。。
私は発売されて即購入してプレイした記憶があるもん。
というか。。。FFは9までほぼ発売と同時にプレイしてきた。
FFⅩ以降は。。。。PS2を買う金がなくて。。。断念したんやけどさ。
そうさ。。。PS2が発売された時は。。。もうすでに私は極貧生活をしていたわけだ。そう。。今の低収入労働者に身をやつしていた。
転落とともにFFから僕は撤退したんだ。
僕の最後のファンタジーは。。。僕が金がなくなるとともに消えたのさ。

FFは僕の青春だった。
にもかかわらず。。。ほぼ同世代のはずなのに。。。
主任も要領いい君も今までやった事がないときたもんだ。
これってどうよ?
少し考えたら。。。これも納得いくな。
二人とも。。。僕とは全然違う人生を歩んでいるんだよね。
中学高校と。。。。ゲームとは無縁の生活だったんだろうなって。。。
ヤンキーは。。。ゲームしないんだあ。
ゲームの中に冒険を求めないんだ。。。そっかそっか。。。
なんかさ。二人の会話を聞いていたら。。。別人種のような感じがしてきたよ。

・・・・・・・。

帰宅したらミクシィが暴落していた。
そのとばっちりを受けた。含み損拡大した。。。
さっき気付いたよ。幸せそうな笑顔。。。
二人とも退会していた。
深夜に久しぶりに30分のランニングをする。
明日から。。。三連休。。。地獄になりそうです。
ぷろふぃーる
名前:くらげ
年齢:42歳
職業:無職プランナー
年収と貯金からみる経歴
「進撃の無職」早見ページ
ひとり旅まとめ

月別アーカイブ
記事検索
メッセージ