無能の日記【2001〜2015年】

くらげ無能な41歳無職が貯金を切り崩しながらどこまで生きれるか日々の徒然を日記として記していきます。

2011年04月

退職すると思う



仕事はヒマだったが。
今日もそれなりにおわれた。
で、朝、新人が頭が痛いので休むという話を聞いた。
連絡は先輩にかかってきたので。
私はまた聞きで。。。ふ~ん。みたいな感じだった。
とりあえず病院にいくとのこと。

三時過ぎても彼は来なかった。
あれ?病院に行ったまま?
というか今日は休みなの?よく分からなかった。
で夜になって彼の母親が職場に来まして。
最近、不眠症になってとうぶん休ませて欲しいとのこと。
とりあえず実家に戻って療養するという事をまた聞きで聞く。
はっきりいってよく分からない。

この会社に入ってちょうど1年。
たぶん辞めると思う。
どう考えても復帰はないと思う。
不眠症って。。。そういうタイプじゃなかったよな。
一番のプレッシャーをかけられてたのは、私やっちゅうねん。
毎晩、1時まで残されてさ。
体ボロボロやっちゅうねん。
お前は、いつも即効で帰ってたやんけ。

ギブアップ寸前!



やばい。辞めたい。
仕事中、ずっと思ってた。
ほんともう無理やと思うねんよ。
今日は店長に仕事中にずっと説教されてました。
元々、自信ないけど。
心が折れたよ。
ほんともう無理。
店はヒマだったんだけどね。
他の人達はヒマヒマだったんだけどさ。
私だけおわれてたよ。

生きる屍状態



毎日しんどいよ。
明日からGW。一応、6連勤です。
普通かよ。でもそれでもしんどい。
気づいたら4月からずっと休み週1なんだよね。
週1の休みってご老体の私には無理だわ。
疲れる~。
今日こそ風呂に入らないと。
朝一、シャワーは浴びたんだけど。
やっぱシャワーだと疲れとれんわ。

生きる屍です。
毎日つまんない時間を過ごしているよ。
人間として終わってます。
震災以降、テレビ全く見てないです。
テレビのHDDが壊れたんよ。
リモコンの再生ボタンが押してもつかんのよ。
再生に関してはHDD本体を押せば再生されるんだけど。
録画したデータを削除する事が出来ないんです。
再生ボタンが押せないから。
なのでデータが削除出来ないのですでにデータが満タンなので。
どうすることもできんお手上げ状態なのです。
まあ。アナログのHDDなので7月末までしか使えないんだけどさ。
もうテレビとか見る気力ねえよ。

プロ野球とか始まってるらしいけど。
見ている人いるんかな?
全く見る気しない。
ていうか何もする気になれん。
4月の支出が7万きりそうだけどさ。
そりゃあ。金使うこと何もしてないんだから。。。
そりゃあそうなるわな。続きを読む

夜が明けるのが怖い



せっかくの休みだったのに。
何もせずに終わった。
まあ、それでもいいんだけど。
だらだらしてたらあっという間ですね。
はぁ。。。
もっと時間が欲しい。
もっとゴロゴロしていたい。
心が重い。
明後日からGWなので明日は大変な事になりそうだ。
今から胸がキリキリ痛みます。
とにかく風呂には入らないと。。。続きを読む

年収120万円時代 生き抜く為の知恵と工夫



やっと休みだ。
一週間疲れた!
調理部会。帰宅したら三時まわっていたよ。
5月からやばいかもしれん。
G.Wが今から怖いです。
休みを満喫したい。
でも体力回復にだけにするかもです。
疲れていて何もしたくない気分なのです。

120万円の本、途中まで読んでいますが。
全く面白くありません。
昔のことをだらだら書いてるだけで。。。
知恵と工夫なんて全く出てこないんだけど。。。
続きを読む

このジョルノ・ジョバァーナには夢がある!

RAH ジョルノ・ジョバァーナ

吐きそうです。
心が重いままです。
明日、仕事いけば次の日が休み。
でも明日、調理部会があって。
店が終わってからなので開始が0時くらい。
終わって帰宅は3時頃かなと予想しています。
やっぱ貧乏くじひいているよ。
なぜ私やねん。
はぁ。。。

休憩時間に求人誌に目を通していたんだけどさ。
結構、仕事あるんだよね。
1ヶ月10万くらいの仕事ばっかりだけど。
そろそろハロワに行ったり無料求人誌を見たりと。
現在のだいたいの求人の雰囲気は知っておくべきだなって思いになった。
まあ、実際に辞めたら失業保険貰い終わるまでは働く気にならんとは思うけど。

あとどうでもいいことだけど。
今月もあと6日残すのみなんだけど。
4月の支出が7万円切りそうなんだ。ただいま63,820円
どうなってるんだ?って自分でも驚いてしまった。
ちなみに家賃は4万円。
1ヶ月7万円×12ヶ月=84万円
年収100万でもじゅうぶん生活できるってわけだよな。
今、森永卓郎の年収120万円時代読み始めました。
続きを読む

もうあかんかも



吐きそうです。
ストレスたまりまくりなんでしょう。
気分悪いんです。
たった一ヶ月でこんな風になるとはね。
昔が懐かしいよ。
とりあえずあと4ヶ月は頑張るつもりだけど。
はぁ。。。まだ誰も辞める人出ていないんだよね。
あいつら凄いなって思う。
私がバイトだったら即辞めてるよ。

あと4ヶ月。
体。。。もつかな。続きを読む

出刃で切りました。



出刃で爪の部分を切りました。
出血が止まりませんでした。
まじで下手糞すぎますよね。
はぁ。。。疲れます。
やっていく自信ないよ。
最近、手がボロボロですわ。
下のほうは焼けどのあとです。
明日もしんどそうです。

昨日の「助けてといえない」の続きです。
私も親には助けてと言えないです。
言うくらいなら死を選ぶと思います。
さすがに餓死という選択はしないと思いますけど。
こういう気持ちって勝ち組の人達には理解されないと改めて分かりました。
でも40歳まであと3年です。
私は生きれる自信があります。
40歳までは死ぬことはない。
40歳で死ぬって書いたことあったけど。
いろいろ考えた結果、今年、仕事を辞めても大丈夫だと思う。
41~43歳くらいが厳しいかなって思いがあります。

今の生活は、ほんと酷い生活をしています。
何にもない。空虚な日々です。
年々、生きている価値。。。本当にないよなって思うようになっています。
こんな自分でも30代前半とかまだマシだったと思うんですよ。
ウェブ日記を書き始めた20代後半とかさ。
ほんとなんでこんな風になったのか自分でもよく分かりません。
30代後半以上の方。今の人生を楽しんでいますか?

「助けてと言えない。いま30代に何が」を読んで



昨晩、やっと「助けてと言えない。いま30代になにが」を読み終わりました。
2009年4月に39歳男性が餓死したところからはじまるお話。
このニュースは当時、鮮明に覚えています。
しかしNHKのこのドキュメンタリーに関しては、番組に関しては知ってたんだけど。
内容はおそらく知らなかったと思う。動画で少しだけ見たかどうかはさだかではない。
あとがきで書かれていたんだけど。
これから無縁社会という流れになっていったようです。

この本、名著です。読まれていない方は一度読んでください。
私は図書館で借りたんだけどずっと貸し出しされていて人気本となっております。
冒頭から涙なしでは読んではいけません。
これです。これなんです。
自分がいわんとしていた事はこの本に全て書かれています。
自分がその当事者であって、そんでもってブログで表現する媒体をもっていて日々書いているにも関わらず。
情けないかな。ずっと表現できないでいたことが全てこの本には書かれております。
あぁ。そうそうって共感しながら読みすすめていけました。

たったひと言、便箋に綴られた文字、「たすけて」。
「派遣切り」などで生活困窮者が急増していた2009年四月。
これほどまでに胸を突き刺すような悲痛な言葉はなかった。
この言葉を残したのは、北九州市門司区の住宅で孤独死した元飲食店従業員の男性だった。
男性は餓死したとみられている。まだ39歳だった。(本から抜粋)

今年、偶然にも門司港に行った。
39歳。あと二年後には私も39歳になる。
元飲食店従業員。
この人には家族はいなくなっていたが。
小さい頃からの親友や友達はいる環境でした。
友達の家族やら多少なりとも頼れる人がいる状況。
それに引き換え私には頼れる友達なんていません。
学生の頃に友達なんていませんでしたし。
今の携帯で助けてと言えるメッセージを送れる人は一人しかいません。
しかしその一人もすぐに駆けつけれるような環境にはいません。
あとは家族だけです。
これがこの人と違って大きいんですが。
でもその壁も大きいというのがこの本を読み進めていけば分かると思います。
親には助けは求めれません。

取材を通じて私たちは助けを求めようとしない三十代が増えていることを知った。
「家族に迷惑をかけられない」、「自分で仕事を見つけて何とかする」。
彼らはまさに「自己責任」として自分を責め、誰にも相談せず、家族や友人、地域のつながりを断ち切って孤立していた。
思い描いていた三十代は自立した社会に貢献している姿であっただろう。
しかし、描いた将来像と現実はかけ離れ、取材した三十代からは「三十代でありながら」という自己反省とともに助けを求めることを恥と感じる気持ちが伝わってきた。
三十代に入ると、生活の格差をより強く実感するようになり、家庭をもって幸せに暮らす同年代に対して、いまの自分の姿を見せたくない心境もうかがえた。(本から抜粋)

NHKの取材している人、NPOのホームレス支援をしている人は、しきりに「なぜ助けを求めないのか?」と疑問に思っているようです。
私は当事者なので助けを求めれない事情は分かります。普通は求めれないでしょう。
このブログの書き込みでも私のことが理解できないって書き込みがよくあります。
たぶん、NHKの取材している人とかと同じ身の上なんだと思うんですよ。
読みながら吐きそうになったよ。
自分の将来のことを思い描きながら読んでたから。
あとFXのユーロドルの暴落で含み損が拡大していくのを横目に見ながら読んでいたから。
今、今後の自分のことをどうしても考えるから気分は沈んだままだよ。

実際にこの本には30代前半でホームレスとか急増していると書かれているんよ。
30代前半ですら仕事ないん?って思うと。。。
今の仕事辞めたらもう働くところないんちゃうん。という不安になりまして。
実際、私は5年前にハロワ通いをして以来、仕事探しなんてしてないですから今の状況を知らないんですよ。
でも、仕事帰りにコンビニとか寄ると深夜に40代のおっさんとか働いているわけですよ。
月10万くらいのバイトならまだまだあると思っていたんだけど。
同じ職場で働く40代とか50代のおばちゃんとかダブルワークしている人、結構いるんだけどさ。
そんなに年収を望まなければ。。。

30代の自殺者が急増している。
この前の無縁社会でも自殺の名所で自殺する人を呼び止めて教会にとめて社会復帰さすって映像で流れた。
この本でも30代のホームレスを家に泊めて社会復帰の道筋をたてるって事が書かれていた。
でも。。。それもどうなの?って思うんよ。
死なせてあげたらいいんじゃないかなって。
社会復帰の道筋っていっても。。。生活保護を申請して住む部屋を確保して。
この本にはホームヘルパーの資格をとって介護の世界にって事しか書かれてないんよ。
それしか道がないって。。。
それしか仕事がないって。
もう詰んでるやろ。
5年前ならともかく今の状況から介護の世界に入って。。。
やっていけるものなのか?
ノマドさんのブログ読んでたらもう時すでに遅しって感じがする。

この本を30代の就職氷河期世代の負け組のバイブルにして欲しい。
負け組と自覚しているあなた読んでみてください。
気が今より重くなります。
自殺する時間が短縮されると思いますよ。
初めてかもしれん。本読んで泣いたのって。。。

あと、とみょですさん。
メールください。右サイドバーの下らへん。
ライブドアのプロフィール欄からメール送れます。では。
続きを読む

命が削られていってます



休みは掃除と洗濯、買い物で終わった。
それ以外は特に何もしていない。
ずっと寝てたい気分だった。
だらだらして過ごした。

ハムのえさも買いにいったんだけど。
しかしそのペットショップには犬も猫もいるのね。
バカ高いね。私の給料より高いやん。
目が飛び出るよ。
あと初めてキンクマを見たんだけどさ。
でかっ!
ジャンガリアンと大きさ全然違うね。続きを読む
ぷろふぃーる
名前:くらげ
年齢:42歳
職業:無職プランナー
年収と貯金からみる経歴
「進撃の無職」早見ページ
ひとり旅まとめ

月別アーカイブ
記事検索
メッセージ