26歳の頃まで何の疑問も抱かずに生きてきて。
そして仕事クビになって社会との接点がなくなるとハタと気付いたわけ。
自分が欠陥人間だという事に。。。
今まで生きてきた道を振り返ってみても人と会話する事もなかったし。
友達というような存在もいなかった。いつも一人だった。
仕事出来ない。コミ障で対人関係に問題あり。
趣味とか興味がある事もないのでプレイベートな時間にする事がない。
仕事している時は家と職場の往復で帰宅後、何もしてない。
土日も当然なんもしてない。テレビ見て寝てるだけ。
学生の頃はどうだったかていうと。
仕事が学校にかわるだけ。学校と家の往復で帰宅後、何もしてない。
土日も当然なんもせずテレビ見て寝てるだけ。

26歳でクビになって引き篭もってそしてようやく気付いたんだ。
このままじゃダメだって。治さなきゃって。
で、ネットに救いを求めて2ch、メンタルサイトでチャットとオフ会三昧。
ってここまでは書いた。
でネッ友が増えていったわけなんだけどさ。
そこでヒキコモリ、パチプロ、フリーター、生活保護者、障害年金者、ニート、家事手伝いなど。
といろんな人達に出会わしてもらった。その時の携帯のアドレスには全てHNみたいな。
で、いろんな人と接するうちに自分の生き方を模索するようになる。
まあ、そんな事しても仕事出来ないやつが仕事出来るようになる魔法なんてないわけで。
でも仕事は仕事としてプライベートを充実すれば我慢できるのかなと思うようになった。
正社員で自分の能力的に荷か重すぎるならバイトでもいいし。
普通の生きかたをその時に自分の中で放棄したと思う。たぶん。
この時点では自分は一生、正社員にはならないでおこうって思ってました。

で2003年に一人暮らし。
一人暮らしするきっかけは昔、書いた事あると思うけど。
父親に出て行け!って言われたのがきっかけ。
よくうちのブログのコメントにあるような「甘えるな的」なあんな感じの事です。
で短期間のホームレス生活を経て部屋を決めて一人暮らしをはじめる事になる。
まあ、適当に生きてたらいいやん精神でやってたんだけど。
ライブドアショックで有り金が全てなくなってしまって。。。。
急遽、働かなければいけない状況になってしまう。
尻に火がついてしまうと人って信念を簡単に曲げる生き物で。。。
とりあえず食う為に正社員に手を出してしまって。。。。飲食業で5年半も働いてしまうわけです。

飲食業の土日出勤って事もあって。
まあ、ネッ友ともじょじょに疎遠になっていきました。
人ってみんな変わっていくもんなんですね。
それぞれの道を歩んでいきました。
今は完全に連絡は切れています。
そして誰もいなくなった。。。
なんていうかさ。「愛という名のもとに」ってドラマがあったやん。
あのドラマが放送されてる時って私は高三だったんだけどね。
友達とかいなかったので正直いってピンとこなかったんだわ。
でも今、20代後半にオフ会とかでワイワイやってたあの頃が私の中での「愛という名のもとに」だったんだって思ったりする。
で。。。職場で上司にいたぶられて自殺するみたいな。

まあ、私が何が書きたかったかていいますと。
2000年にやっと目が覚めて。
2003年までいろいろ考えて模索したけど。
一人暮らししてやっぱ一人の方がいいやん。寂しくなんか全然ないんだからね。て事です。