昼夜逆転中。
ツイッター見ている人は、コイツこんな時間にまだ起きてるんだとか。
こんな時間に「おはニート!」って遅ぉ!って思ってるかと思う。
生活リズムが狂ってきています。
夕方に10キロのランニングしたくらいで特に今日も何もしていない。
という今日は無職になって239日目みたいなんです。
それでも自己嫌悪に陥ることがない。
月末だけ無駄に時間を過ごしてしまった事に対して自己嫌悪に陥るかもしれんけど。
それでも精神的には平穏だったりする。

一人暮らしニートって私が考える中で最高の身分ではないだろうか。
よく働いている人がニートに対して楽でいいよねって言う人いるんだけど。
ニートはストレスフリーなのかというとそうでもないと思う。
実家に住んでいるとやっぱ親の目っていうんですかね。
プレッシャーや負い目はあると思う。実際に私も実家に住んでいる時はそうやったし。
あの生活はあの生活で大変だと思うのよ。
だからといってホームレスも肉体的につらい。
一人暮らしニートというか一人暮らしの自由な無職ってのが一番楽だと思う。
もちろん蓄えが尽きるまでの期間限定だけどね。

今、私がこの生活を幸せと感じている。
それはこれまで苦痛な労働生活をし続けてきたからだと思う。
働かなきゃいけないと思う人は本当の地獄をみた事がないんだよ。きっと。

努力する人間になってはいけない」を読んだ
誰かが薦めてくれた本なんだけど。。。
こんな本、薦めるなよ!酷い本やったわ。
レビューでは高評価やけどさ。
学生、子供をもつ親、生徒を教える立場の教師なら読んだ方がいい本だとは思う。
もう社会に出てしまった人にとってはさ。もう手遅れなんだよね。
低学歴なおっさんが読んで今さらどうせよって話だよ。
体を切り刻まれてその切り口に塩を塗りこまれるような感じ。
自分自身が負け組、ダメ人間と思ってる人は読まない方がいい。
正論なだけに読んでたら自分がみじめすぎて腹立たちを通り越して泣けてくるよ。
あと後半から哲学の話になるんよ。
読んだよ。読んだけどちんぷんかんぷん。
最後にはグロッキー。
ほんと哲学本をお願いだから私にすすめないでよ。理解できないから。