6月14日に人生色々さんからコメントを頂きました。

『自閉症の傾向ありませんか?

・独り言が多い。
・人と話するとき、その人の顔を直視できない。
・いすに座っているとき体を上下にゆすることがある。
・言葉の「てにおは」が上手く使えない。
・オドオドしてしまう。
・予期せぬところで、知ってる人に合うと隠れたくなる衝動に駆られる。
・人付き合いが大の苦手

これらの特徴があったら自閉症の傾向があるのでしょう』というコメントでした。今回はこの事について私の思うところを書こうと思います。

日記を書き始めてかれこれ5年がたとうとしております。
最初の頃はプロフィール欄に自閉症気味と書いていた記憶があります。
しかし、それを見たある人からメールで叱られたんですよ。自閉症ってどういう病気か知っているの?軽々しく自閉症とか使わない方がいいよ。ほんまに困っている人に対して失礼だと思うよといった内容だったと思います。そのメールはかなりキツイ文面の抗議文だったです。
その時はそういう抗議がきて、私自身は「なるほど」と思い、素直に「たしかに失礼な事だな」と思ったのでその部分は削除致しました。
それ以降は自閉症について考えるといった期間は私自身ありませんでした。

でです。
去年の年末くらいだったでしょうか。
偶然にアスペルガー症候群の人と知り合う事になりました。
アスペルガー症候群とはその人は軽度の自閉症とおしゃっておりましたです。
サイトで確認すると自閉症とアスペルガー症候群はひとつながりのものでどこかで厳然と二つに分かれるものではありませんと書かれております。
おそらく境界線が分からないんでしょう。

ここらへんはほとんどサイトからの転載する事にします。
「アスペルガー症候群の子どもや大人は一見して障害があるようには見えないことが多いのです。話もできるし勉強なども人並み以上にできることがあります。人前で独り言を言ったり常同運動をしたりすることは稀です。一見自閉症にみえない自閉症といっても良いでしょう。」

との事です。
私も一度しか会った事がないのですが。
その時の感想は、いたって普通に見えました。
その人もアスペは一見して障害があるようには見えないので最近、病院に行くまでは自分が病気だという事に気がつかなかったとの事でした。学生の頃から他の人となんか違うとは感じていたものの。。。それがどう違うのか?何故違うのか?というのが分からなかったそうです。それでいじめにあったりとか。。。

あと複数の人の会話にはなかなか入っていけないとの事でした。またごく最近にIQテストをしたらしく。。。一般の人よりえらく低い結果であったと言っておりました。だからといって頭が悪いというわけではないようです。
ちゃんと受験をして学校に入っているようでしたし。。。
勉強とか記憶力に関しては問題がなかったようで。
応用力とかに問題があったんでしょうか。

会う機会は一度しかなかったのであまり分からないんですが。
メールとかではちゃんとした文を送ってくれていましたので。
リアルタイムに話す会話に関しては難があるが。。。
考えて作るメールなら普通にこなせるって感じだったのでしょうか。
なので時間をかけて準備すればこなせるけど臨機応援とか即時には対応がなかなか出来ないといった感じなんでしょうね。

その人からその時にアスペの症状の傾向を教えていただいたんですが。。。
それが。。。ことごとく自分に当てはまっていたんですよね。
え。。。。これって。。。まじ?
俺ってもしかしてこの病気なの?って
その日、帰ってから真剣に悩みましたです。
だからといって私がASだったとしてもどうする事も出来ないんですけどね。
心療内科に行く気なんて毛頭ないですし。。。
自分自身の判断としてはアスペではないけど。。。軽症だけどその兆候があると今は思ってはおります。

何度も同じような文の繰り返しになると思いますが。。。
「アスペルガー症候群は自閉症の一つのタイプで、 他の人との社会的関係をもつことやコミュニケーションをすること、想像力と創造性の3分野に障害を持つことであると診断されております。」

とのことです。
つうか。。。書き始めたものの。。。
やっぱりまとめられんかったですな。
まとめる能力は私にはないんですよね。あははは。
年末会ったその方も何度かうちのブログに来てくれた事があったんですが。
今はどうしてはるんでしょうか?ちょっと気になりますね。
と。。。いろいろと書いてきましたが。。。
結局、私は何が言いたかったんでしょうか?
よく分からなくなってしまいました。ごめんなさい。