友達は27歳の頃までいなかった。
ずっと一人だったんだ。
ネットがあって本当によかったって思うよ。
これがなかったら。。。もっと私はエグい事になっていたかもしれない。
27歳から今みたいにWeb日記を書き始めた。
オフにも何度も参加した。メンタルオフ、2ちゃんオフ、無職ダメオフとかいろいろさ。でもさ。オフ会に行くたびに凹んだよ。ほんと。。。
行っても行っても自分だけぽっつんって一人ぼっちになる事が度重なると正直凹むよ。でも。。。5年かかって。。。ようやく見つけたよ。友達といえる人がね。

でさ。。。よく考えてみるとさ。
このブログにも出てくるF君って。。。
最初はただの私の日記のファンやったんだよね。
それがこうじて友達に。。。なんか不思議な出会いやなって思うね。

ネットってほんまに素晴らしいと思う。
自分の全てを曝け出せる場所だから。。。
私はリアルな友達はいない。
携帯電話の住所録はほとんどがハンドルネームである。
ネット友達から派生した友達しかいない。

ネットでは自分を恥ずかしげもなく曝け出せる。
自分のダメな部分をどんどん書く事が出来る。
自分のダメな人生を書く事が出来る。
読んでいる人がどう思ったって関係ない。
自分がどれくらいダメな奴かって事を堂々と書く事が出来るんだ。

でも。。。リアルだとそうは行かない。
職場で知り合う人。
日常生活で知り合う人に。。。
自分がどれくらいダメな奴かって話。。。そんな話、出来ない。
普通に思われたい。普通に思われたいって常に思う。
出来るだけ普通に思ってもらおうと常に思うんだ。
そして空回りして。。。。いつものパターンだよな。
ただの気持ち悪い奴って烙印を押されて終わり。

でも。。。ネットで知り合うと違うんだよね。
だって普通に思われなくても全然いいもん!
凄い楽だ。凄い楽!
別に会ったところでさ。
無理してしゃべらなくてもいいんだぜ。
変な間が出来てもさ。なんかしゃべらなきゃって思わなくてもいいんだぜ。
だらだらしていてもいいんだぜ。
めっちゃ楽っすよ!

ということなのです。
なので今。。孤独かと聞かれたら。。
それ程。孤独でもないと私は答えます。

【おしまい】