昨晩、日記書いた後に勉強を開始して。
ようやく一章の食文化論を終えました。
終えてみて思った事は、コメントで頂いたとおり、調理師読本を読んで勉強するより問題集を解いていった方がサクサク進むし頭に入るという事が分かった。
だって同じような答えの問題が続くわけやから。。。
そりゃあ同じような問題ばっかり目に触れてたら覚えるよね

という事で問題集を解きながら今後、頑張っていこうと思う。
第一章を終えて気をよくしたので勉強の後に録り貯めしていた北野武監督の『座頭市』を観はじめる。
これ前に観た事があって面白かったんだよねと思って観始めたら冒頭らへんを知らんかった。途中から観てたみたいだ。
でも朝方になったので途中で観るのやめる。

今日、仕事から帰ってきてすぐにその続きを観る。
面白かった。でこの勢いで『レッドクリフ』も観る。
観た感想なんだけど。。。凄げぇ!!!!
凄いじゃん!!
リンク先のブログとかで劇場公開時に観た感想で、まぁまぁって意見が多かったので。。。あんまり期待してなかったんだけど。
長い時間かけてまだここかよとか。。。
でも。。。私は凄いと思いました!!
まずは映像がキレイ!!中国の映画ってほんまにキレイよね。
で、ちょっと笑ったのがソーラーレイみたいなやつ。

最初、この映画はカンフー映画を屈指してみたいに宣伝してたので、あっちゃーと思ってたんだけどそんな事なくてよかったです。
しかし。。。甘興って誰っすか?
甘寧興覇のことですかね?

あと小喬のエピーソードが出てきてそれはいらんやろと思ったんだけど、これが原因にしたんですね。それはちょっとって思った。
小喬と周喩のラブシーン、いらないし。。。。
男と女が出会ってセクロスするラブシーンはいいんだけど。。。
夫婦のラブシーンはなんか。。。違う気がしてわざわざ映像にする必要がないと思うんだけど。。。

しかしみんな顔が濃いよね。周喩は田中健やし。
その中で金城武はいいね。
あと最後の八卦の陣には感動しました。
小説で八卦の陣を読んで自分の頭の中で想像するんだけど。。。
映像だとNHKでやってた中国版の三国志とか横山光輝の漫画の三国志とか。
どうも違うんだよね。
こんな陣形で。。。とても難攻不落の陣だとは今まで思えなかったんですよ。
いやあ!凄い!絶対にこんなんじゃないんだけど。
よくこんな映像を作ったなって思ったよ。
マジ凄い!!
魏側の盾を組み合わせて小さい城みたいなの作るやつとか。
あんなんよく考えるよな。歴史家では絶対に出てこないと思う。
ああいうアイデアってプロの演出家っていうんですかね。凄いって思った。

昔、諸葛孔明の本かなんかで読んだと思うんだけど。
中国のどっかに諸葛の姓がいっぱいいる村があって、その村は八卦の陣を軸に作られた村らしくって一度入ると迷ってしまってなかなか村の外に出れないつくりになってるって書いていたのを記憶してる。
どこにあるんやろー。その村ー。
と思って検索してみたらあった。
つうか実際に行った人いたw
そりゃそうか。。。10年以上前に本で読んだんやもん。

諸葛八卦村レポート

行きてぇ~。
三国志の遺跡の中で行ってみたい度が私の中でナンバー1がここだったんです。
二番目は五丈原。三番目は、麦城。
と二本も映画を観たので今日は勉強してない。
つうか、二章の衛生法規は法律で難しそうだったので。
ちょっと問題集を観て断念したんよ。
その後、調理師読本みたらよけいに見たくなくなったんよねw