時間の流れる速度が速くなってきている気がします。
十代の時は本当に時の流れがゆるやかだった。
二十代後半時もまだ、ゆるやかな気がした。
今は激流の中で翻弄されている筏に乗っているような気分です。
時間の流れる速度は速くて一日、何にもしなくて一日が終わっていっているんです。
このままじゃだめだってわかっているんですけど。。。
その流れに乗れない。乗らせてもらえない。
そうして毎日、陽も沈んでいっているようなんです。
時代なんて私の人生の中にあって一度も乗っていなかったよ。
全て翻弄され続けていた。
時代に乗っている人達って毎日をどういう事を考えているんだろか。
わからない。
自分には理解できるような頭脳を持っていないんだろうな。
勝組なんて今更なれるわけがない。
普通にも満たない。
高校に入ってからずっと低空飛行のままである。
このままどこまで落ちれば気がすむんだろうか。
死ぬまでかな。なんかそれだったら哀しいよ。
私は結局、死ぬために生まれてきたって事になるわけなんだから。。。

優秀の人はもうとっくの昔、いや、幼少期からつぼみをつけて、花を咲かせる準備が出来ていたんだろうよ。その時期に私はそういう事柄を怠った。だから今もこうして咲かない花を必死で咲かせようともがき苦しむはめになったんだろうよ。
無意味な行動。いや、人生かな。
これも人生。そう割り切れたらもっと楽なんだろうけど、哀しい性か、そうは割り切れない。そうやって楽しくもない人生を歩んでそして生きていかなければいけないんだ。
何が楽しいんだ!!そう叫びたい気持ちでいっぱいだよ。

これからの人に言っておきたい。こんなダメな先輩みたいになるな。絶対に苦しむ事になるからな。とにかく幼少の頃から本当に価値あるもの(遊興・スポーツ・ファッション・無駄でない学業など)との一体化(自分のキャラじゃないと無価値化を始めて 手遅れにならないように)を目指して、勝ち癖をつけないといけないと思う。
二十歳を過ぎて恋人を欠かすようならば人生の敗北は極めて濃厚。
愛の補給されない前線で哀しい闘いを続けるのは、リタイアしないほうが難しい。
今、ニュースを見てみろよ。自衛隊がイラクに行っているだろう。国の方針と国民の見解と現場の現実との相違に直面していることだろう。いずれ空中分解してしまう状況をまのあたりにする事だろう。そんな状況化で現場に行く人間としたらたまったものではない。と書いてところで意味が通じないと思うので、この話はやめておく。あは。

とりあえずだな。敗北者にならない為には十代が一番重要な時期って事を言いたかったんだ。ただ、それだけ。十代になんも考えずに生きてきた人間は、もう生きる価値なんて全くないんだよね。はいはい。終わった終わった。それそれ。はい終わり。