今日から2月です。
といっても私は今日も引き篭もっていました。
とりあえずHPなどをリニュしようかと思い、一日パソの前にいた。
だが、一向に出来る気配がない。
無理だぁ~。だめだぁ~。
少し変更するだけで、数時間かかっちまう。
で一日で出来た部分はリンクのページのみ。うぅぅ。
やばいっす。とりあえず明日も引き篭もる事にした。

今日、妹からルナの写真入りの手紙が届いていた。
ルナの写真 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
と思ったが・・・・全て切りにぬいてあった。
まともな写真なっしんぐ!
これをもとに加工して奇麗な写真にしようと試みたのだが、途中で挫折。
私には無理だった。

で妹の手紙を読んでみる。
とりあえず、一部抜粋して書いてみることにする。

「15年前、我が家にやって来たルナは、まだ小さくて、まだ子供でチョロチョロ走り回っていたよね。
テーブルの上に、いつもまにか上がり魚をかじっていた事もあったね。
怒られるとソファーの下に潜り込み隠れてたよね。
あの頃は、お母さんも働いていて加奈が帰ってカギを開けようとするとドアの向こうでルナがしっぽを振ってる音がし、そわそわしながら嬉しそうに毎日出迎えてくれたなぁ。足にまとわりついて来てね。
お母さんの原チャリの音や、お父さんの足音も、しっかり聞き分けてたよね。
散歩の「サン」と言う言葉やビニール袋のシャカシャカの音に反応して、しっぽを振って玄関まで出て行き待っていたよね。
今の家の階もピョンピョン登ってたものね。
加奈が帰って泊まっている時は、下の和室の布団の中に潜り込んでたなぁ。
加奈達のひざを枕にして顎をのせて器用にお昼寝してたよね。
シーズならではの、あおむけで大の字になって寝てる姿は何とも言えない可愛さがあったよね。
骨っ子やジャーキー目当てのブラッシングされてる姿、お菓子ちょうだいのガリガリしていた姿、お風呂嫌いで「チャプチャプ」と言うとテーブルの下に潜り込んでいた姿、しっぽを振って喜んでいた姿、色んなルナを想いだすよ。
ルナは気が強くて、美容院でも、なかなか毛を切らせなかったわがままな娘やったよね。
ルナは幸せやったんとちゃう?夏は涼しい玄関のタイルでお昼寝をし、クーラーに扇風機、冬はこたつにストーブの前でうずくまり本当に贅沢な犬やったね。
食いしん坊ルナにお菓子を食べるの見つかったら飛んできてガリガリ、お菓子を食べるのも一苦労だったよね。

最初、加奈が飼いたいと言い出し、我が家の一員となったんやけど、結局、お母さん、お父さんが世話をするようになってしまい、大変やったと思う。だんだん弱っていくルナを見るのも辛かったやろうな。
長い間ルナの世話お疲れ様でした。

ルナ自身もしんどかったやろうな。
目も見えなくなり、歯もなくなり思うように歩けなくなり、立てなくなり・・・でも最後まで頑張ったね。
ありがとう。ゆっくり休んでね。
安らかに眠ってね。瑠奈ちゃん。
最後まで見届ける事できなかったけど、暖かくなった頃にルナちゃんに会いに行こうと思います。


しかし、兄弟そろって文才ないですなあ。(苦笑)