ダメダメな日々を送っている。
南東の風を待っているのだが、今だに無風状態である。
風を吹けと祈祷するわけでもなく、ただぼーっと成り行きを見守っているに過ぎない。
だるい。ひたすらだるい。
やる気なんてものは出るわけもなく。
会社に行ってはいるが、何にもしていない。
時間を無駄に使っているに過ぎない。
廃人化しつつある。
情けないという気持ちも私の体の奥からこみあげるものもなく、ただ息を吸って生き長らえているのみな状態である。

最近、目がかすんできている。
現実社会から目をそむけ続けているからなのだろうか。
劇的に立場を変えれば一時的にはかわるのだが、しかし時間がたてば、いつものように元に戻ってしまう。停滞。
こんな人間が軌道にのることなんてあるんだろうか。
八方ふさがりである。
八方ふさがり。
自分のまわりある全てが敵に見えてしょうがない。
四面楚歌。

私はどこへ向かっているのだろう。