それは突然の出来事だった。
私は耳を疑った。
自分と同期の女の子が今日付けをもって退職するというのだ。
昨日、上司にそれを伝えて今日受理された。
3ヶ月のはかない命だった。

私は朝礼でそれを初めて聞いたわけだ。
何か理由があるのだろうか?
仕事をやめる奴ランキングの本命は私だったのに・・・。
彼女は結構なじんでいるように私には見えたのだが・・・・。
やめてしまった。
大外から一気にぶっこ抜いてしまわれたわけで・・・・。

声をかける言葉がなかった。
急だったもので。

彼女がやめた理由は、私みたいに精神的な問題ではないんだろう。
たぶん、この会社を見限ったと正直思う。
私の立場は今、微妙である。
マジで。

周りから『お前が○○さんの代わりにやめてくれればいいの・・・・』
という声がビシビシと私の肌を刺激している。
職場にいるだけで、いたたまれない気持ちでいっぱいである。
つらい。
彼女の担当している仕事も私にもれなくプレゼントされた。(涙)

上司は、今日も機嫌が悪い。
この1件のうっぷんを私一人に爆発させているようだ。
耐えろ。耐えるんだ。
まだ、やめるわけにはいかない。
私は彼女のように仕事を辞めたとたんに大空に舞えるような身分ではない。
私は今、リハビリ中なのだ。
そう。
社会で少しでも順応出来るという自信を持たぬうちに辞めることは出来ないんだ。