いつから私はこんな人間になったのだ。
いろんなものに流されてしまう。
時間に流される。
その場に流される。
自分から動こうとしない。
逆行できない。

今、職場を川と見たてているのだが、川に逆らわず、そしてどんな魚にも交わらず孤立している。
自分の席から例のようにF氏に対しての説教劇場が見れる。
この劇場の一等席だ。
ただ傍観し、、そして自由に泳ぐ、誰の気がねなしに。
人生もそんな感じいずれは後悔するんだろうが、危機感もなしに泳いでいる。周りの人達は口をパクパクして交流というものをしている。
そして必死に泳ぎまわっている。
これが自然というものなんだろう。
私には出来ない。
一生できないのかもしれない。

いつのまにこんな風になってしまったんだろう。
人を寄せ付けないオーラを無意識のうちに出してしまうんだ。
いつからこんな特殊能力を使えるようになったのか、不思議でしょうがない。北斗流拳でいうなら魔闘気ってとこなんだろう。
私もいずれ人の心をこの魔闘気によって奪われてしまうんだろう。
その時は人ではなくなる。
ニュースで流れる異常者の犯罪はこやって生まれるのだ。
私もいつかはそうなるかもしれない。
そうならないためにも、今、動き出さないと。
そうだ。人間として生きることを見つめなおさないと。
とりかえしのつかないことになってしまう。