今日という日を無事やり過ごした。
それだけで充分だ。
なんの期待もせずに一日を終える。

少し前にiさんと飲んでいる時に知っていたんだけど。
今日かぎりで、あのしゃべりなF女がやめるということだ。
F「もう帰りはるんですか?いろいろありがとうございました。」
とお別れの挨拶をされた。
っていうか・・・いろいろって何だ?
思い返してみると、6月に仕事し始めて6ヶ月目だけど、話すのはじめてなんやけど・・・・^-^;アハハ...
一度も、会話どころか、言葉も交わしてないのだが^-^;アハハ...
いろいろって言われても何もしてない。
耳障りなノイズのような、あなたのしゃべりだけは、耳に入ってきたがね。
まあ、とりあえず挨拶って事なんだろう。
って・・・私が辞める時、どんな挨拶をすればいいのだろう?

一応、うちの部署と私の関係を書くことにする。

部署には私を入れて9人いる。
一人目、K上司、私の直属の上司です。席が隣です。
I氏、iさんの上司、1ヶ月にいっぺんくらい、二言三言話す程度。
T1女、F女の上司、6ヶ月たって、一度も会話なし。
T2女、D女の上司、6ヶ月で二言だけ。入った時の交通費の件と最近カッターを借りる時に少々。

---------------------------ここまで正社員----------------------------

F女。今日初めて一言だけ言葉をもらった。お疲れ様でしたと私は言ったのみD女。一言もなし
Y女。一度だけ通勤電車で隣に座った時に10分程しゃべったのみ。
iさん。職場では週に一言二言声かけるのみ

これってどうよ?かなり孤立無援道を走っていると思うよね?
最近来ている。名前知らない女性。化粧がなんか違和感のある人来ているが、当然、一言もなし。

会社で頭の中が真っ白になって喋れないんだ。
最初は、喋ろうって思ってたはずなんだ。
でも、出来なくて、途中でもうどうでもいいやって諦まった。
人が怖い。職場にいる人が怖い。
自分は見えない君だと思って悲観していたが、違うのかもしれない。
見えない君になろうと、知らず知らずのうちにしてしまっているのかもしれない。どんどん悪い方向に歩いてしまって、もうひき返せない。
いつものように孤立ってとこに行きついてしまうんだ。

そう、それで変な事ばっかり考えているから、仕事ができない。
体の調子が悪くなり、職務怠慢をし、信用まで無くしていく結果になるんだ。やばい。こんな事何度繰り返せばいいのだろうか。

やばい!やばい!と訴え続けているように自分では思うのだが、本当は違うのだろう。やばいという危機感が本当の意味でないんじゃないんだろうか。
「人とのコミニケーションがとれません」って悩んでいるわりには、とれない人間という態度で人に接してしまっているんだろう。
とりたい、とりたいという本心を表現する事に目をそむけて、思いを一切見せず、そして隠して、日々を過ごしてしまっているんだ。
こんなことじゃあ、人間関係なんて構築することなんて一生無理な話だ。

もう無理なのか?
今からでもまだ遅くはないはずだ。
終電時間が刻一刻と近づいているけど、まだ列車に乗れないわけじゃないんだ時間はそれ程、残っていない。でもやるしかない。
南海電車の改札で、そう誓ったのだ。
最終電車は、極楽橋行き。
私はそれにどうにかして飛び乗ろうと思う。