無職ダメな人の末路

人生消化試合。2015年に貯金680万でセミリタイア開始しました。残りの人生を悔いないように生きるのみ。この世に飽きたら死にます。

追加した記事

1ヶ月間のタイ旅行 最初に韓国へ行く




覚えている範囲で書いていこうと思う。タイは大韓航空を使ったのでストップオーバー(途中降下)で3日間くらい韓国旅行をしようとなったのね。あんまり海外旅行というものをしてなかったのでいい機会だし行こうとなったわけです。時期的にちょうどね。日韓ワールドカップの1年前やったんですよ。私自身そんなにサッカーに興味があったわけではないのでそういえばもうすぐ日本と韓国でワールドカップするんやなーって思ったくらい。でも一年前なので別に盛り上がってるとかそういうことはなく記念館らしきところにも行きましたけど別にって感じでした。

この頃は韓国が反日とかそういう情報は知らなかったです。向こうは反日やったみたいですけど。。。日韓ワールドカップ開催時に、ああ、そういう国なんだなって私は知ったって感じっすかね。宿は現地に行って交渉して1泊1,000円くらいの安宿に泊まりました。日本人がかなり泊まっていたと思います。夜になると共有スペースにみんなでしゃべっているのを確認していたので。。。正直、私はひきこもり明けだったのでこの旅行でもそんなに社交的にそういう場に行かなかったというか人と何をしゃべったらいいのか分からなかったんですよね。

行った場所は、東大門、南大門。あと世界遺産ということで、なんちゃら宮とか離宮とか行ったと思うが。。。ただただだだっぴろくて建築物も朱色と緑色の気持ち悪い建物ばっかりで、1つでもうええっかって思った記憶があります。

食べ物がとにかく辛く毎食ヒーヒー言ってましたね。で掲載している写真なんだけどここの豚肉が美味しかったです。豚の焼き肉みたいなランチを食べたんだけどね。普通に美味しかったです。それいがいではアカスリをはじめて経験しました。宿屋の人に聞いて近くの銭湯にいくとアカスリを別でしてくれるんですよ。常時、裸の兄ちゃんがおってさ。その人にやってもらいました。初アカスリです。それ以外では何も覚えてないです。

この頃のネットの状況は、どうだったんだろうな?ネットで旅行の情報を探すという発想じたいがなくて調べることなんてしなかったです。もしかしたら旅の愛好家のホームページが数は少ないながらもあったのかもしれません。「地球のあるきかた」を買ってそれを参考に旅していました。韓国でもタイでもインターネットカフェみたいな場所はありました。ゲストハウス内にそういうサービスをしているところもあったように思います。その頃は海外ではホットメールを使ってたのかな?日本にいる時はほぼ使ってなかったけど。。。携帯はドコモでIモードは出来るようになっていた時期くらいです。

私はこの旅で父から借りたカメラを持っていってたのですが。。。バックパックに入れて預けて搭乗したんですよね。これが間違いだった。韓国着いたからカメラを起動させるとちょいちょいおかしなことにすでになっていて。。。無理やり使ってたんだけどフィルム2本目で完全に動かなくなってしまったんよ。1ヶ月の旅行で最初の日にカメラが使えなくなるっていうね。なので思い出の写真なんてまったく残っていません。かろうじて残っている写真は一緒にいった人が撮ってくれた写真のみです。貧乏旅行やったので旅の途中で写ルンですみたいなカメラを買うのをためらったんよね。【2022.8.20】

1ヶ月間のタイ旅行 前半戦




タイのバンコクの国際空港に降り立つと、むぉ〜んとしておりました。むぉ〜んです。4月の韓国はまだ寒いのです。そこから灼熱な国へ。今は空港から電車があるんですよね。この頃はバスだけでした。一緒に旅している人がタイは今回で3回目だったので私はその人に全て頼っていました。バスでカオサンのゲストハウスへ。ここで1泊か2泊したのかな。で相棒が前回の旅でお世話になった家にいこうというので一緒についていくことになる。場所はどこだっけな。空港からカオサン行きのバスに乗ってまだ乗り続けた場所やったと思う。

掲載している写真の家なんだけど。。。この家は大家族で長男、次男、三男、長女、次女、三女、四男の7人兄弟なのね。で末っ子の四男の子がちょうど20歳で出家?そういう風習があるのかな。何日間か坊主にしてあの袈裟装束をきてお寺にいく。自動車の整備師になる為に専門学校に行ってて卒業時に20歳になってその日がたまたま私達が行った日やったさ。出家する前日に祝う為に近所とか友達とかがきてみんなで祝うみたいな。そういう日やったんですよ。なので。。。。いっぱい人がおるから誰が誰かさっぱり分からんかったんよね。なんかみんな陽気に飯食って飲んで踊ってはるから。。。私もみんなが何言ってるか分からずにニコニコしながら飯食って飲んで踊っていました。

写真は、左からお母さん、四男の友達、私、次女、長女、三女の彼

で出家してお祝いは終わるんだけどそこからこの家にずっとお世話になることになるんよ。飯いっぱい出してくれるし。。。でもせっかくタイに来たのにどこにも行かずにずっと部屋でゴロゴロしていましたw どっか連れていってーと行っても、「暑い!暑い!」と言いながら全然連れていってくれないし。。。というかさ。この時期ってタイの正月のソンクラーンといって水かけ祭りの時期やったんよ。私全く知らんかってさ。この時期だとみんな帰省とかやらで交通網が凄いことになっていでどこもいっぱいで移動出来ないよーって言われたんよね。なのでこの子らと10日くらいは一緒に生活したと思う。海行ったり博物館行ったっリ。。。たぶん観光客が行かないようなとこいったんやろうね。三女の彼が車の運転担当で。。。というかあの彼、ずっとこの家に寝泊まりしてたんよね。よく分からん家やったんよな。一応、長女が大学で日本語を少し学んでるので意思疎通は出来るみたいな感じでした。

ほんまに他人の家でずっとだらだらしてたよな。夕方くらいになってから近くの金ピカなお寺まで散歩してさ。この頃のタイではね。クレヨンしんちゃんは放送されてたかな。あと日本人の有名人はYOSHIKIだけでした。どこに行ってもヨシキ!ヨシキ!って言ってきてたよ。【2022.8.20】



1ヶ月間のタイ旅行 後半戦




この写真も4男の祝いの時のかな。左が誰だろ?いとこかな?次女、長女、次女の彼。

長女は家事手伝いやって三女もずっとおったな。次女は銀行で働いてた。そう、昼間に遊びにいこう!となったらいつものメンバーになるわけよ。長女、三女、三女の彼、いとこの男の子(学校休み中)、もうひとりくらいおったかな。そのメンバーで車に乗り込んでどっかいくーみたいな。で夜になると働いていた人達が家にやってきて一緒に酒盛りしだすみたいな。そんなんやったよ。

水かけ祭りの時もこのメンバーで夜中にカオサンに乗り込んで白い泥みたいなのをぬりたくりながら練り歩いたり、次の日はソンテオっていう乗り合いバスみたいなに乗ってでも私の記憶だと乗りながら水かけたりかけられたりしてたな。なんだろ?あれは公共のバスじゃなくて誰かのトラックやったんかな?そんなことしてました。

一応、バンコクの有名なワット・ポーとワット・プラケオにも連れてもらったと思う。この後、バンコクからチェンマイに高速バスで行ってそこで何泊かして相棒がノーンカイに行きたいっていうからここで別れたんよね。泊まったところはバナナゲストハウスってとこでした。バナナのキーホルダーを最近まで気にいってつけてたから覚えてたんよね。で、私はチェンマイで1泊2日のトレッキングツアーに参加したんよ。象に乗ったり筏で川下りしたり少数民族と交流をしたりそんなことをしました。

で、鉄道に乗ってピサヌローク、スコータイ、アユタヤという風に一人で南下していく。私が持っていた地球のあるきかたが古かったのでいろいろと問題もあったねんけどね。夜市とかやっぱ楽しかったように思う。でアユタヤに着いた時に偶然に相棒とばったりあってそこからまた合流する。で、バンコクに戻っていったんカオサンに泊まってからまたあの家にお世話になることに。。。。もう少し南下して海とか行きたいと思ったんやけど行くのだるいってのが勝ってしまったんよね。で、ずっとだらだらしていました。

食事は、ナンプラー系が好きじゃないんですよ。なので料理の半分くらいは食べれなかったかな。なんか思い出あるかな?パッポン通りとかゴーゴーバーとかそういうことは正直知らなかったんですよ。そういうのを知識としていれずにタイに来たって感じだったので。。。経験はしていないです。通りを歩いて見たくらいです。やっぱ、お世話になった家に女子がいて次男とかが酒飲みながらパッポン!パッポン!とか笑いながら言ってくるんだけどさ。そういう話やめてーみたいな顔を女子たちがするんよね。なので知らないままです。童貞のままです。

帰りは国際空港まで車で送ってくれて最後まで一緒にいてくれたよ。でさ。この時期にさ。旅していると会う日本人、会う日本人に「小泉が首相になったみたいやよ」って言ってきたんですよ。小泉が首相?えええええ!ありえるの?ただの噂ちゃうん?って疑心暗鬼やったように思う。あとこの年がイチローのメジャー元年やったんですよ。タイ旅行に行くまでオープン戦は好調やったんやけど。。。果たしてメジャーが開幕してイチローは通用するのか?って分からなくてさ。帰りに飛行機の新聞を見て。。。あっ通用してるーって分かって嬉しかったのを覚えています。そのくらいかな。出国する時にはまたタイに絶対に行く!と思ってたんだけど日本に戻るとすっかりその思いは忘れてしまいました。

費用なんだけど。。。ゲストハウスが1泊300円、1食100円の3食で300円、1日合計600円。これを30日間だと1万8000円。観光だとバスとか電車などの交通費がかかるけどただの沈没だと月2万円くらいで生活出来るなってなったように思う。私はこの頃はタバコ吸ってたのでそれでも2万5000円くらいって計算してたと思う。今は物価上がってるんよね?【2022.8.20】

2001年とそれまでのまとめ(整理)



今は2022年なんだけど2001年までのことを整理する為に振り返って書いていこうと思います。

【年表】
1995年1月 阪神・淡路大震災
1995年3月 地下鉄サリン事件
1997年 酒鬼薔薇事件
1998年 松坂春夏連覇
1998年 フランスワールドカップ ペルージャ中田移籍
1999年 ダイエーホークス初優勝
2000年5月 西鉄バスジャック
2001年6月 宅間の付属池田小事件 


専門学校の頃に阪神淡路の震災がありました。住んでいる場所が和歌山なので被害は全くなかったんだけど。。。あの日は、なぜか朝まで寝れずに起きてたんだよな。そしたら突き上げるように床が動いたんですよね。上にふっとばされるとまではいかないけどちょっと宙に浮いたような感じ。。。それでも震度4くらいだったと思うので震源地に近いところはもっと酷かったとは思う。朝になってテレビで震災のことがやっててそのまま学校に行こうとして駅までいったんだけど動いてないということでそのまま帰宅して一日中テレビを見てたって感じやったと思う。

地下鉄サリン事件、その前にワイドショーで話題になっていた頃は高校生で帰宅部でもあったので学校から帰ってくるとワイドショーをよく見ていたのでよく知っていました。サリン事件の時、その後のワイドショーの展開とか。。。どうだろ?そこまで熱心に見てたか?と言われたらどうだったのかな?専門学校生だったのでワイドショーを見るというような生活でもなかったですし。。。

でも小林よしのり氏のゴーマニズム宣言を読んでたのでそこそこは見てたようには思う。その後の薬害エイズ問題も。。。高校3年生の頃から「誠のサイキック青年団」というラジオを聞いていてサイキッカーといわれる人間でした。このあたりの学生の頃は私は何をしていた?と言われたらサイキックと競馬くらいしかなかったように思う。競馬もちょうど高校3年生から働くまでハマっていましたしね。(辞めた原因は土日勤務の仕事だったしPATの抽選にも当たらなかった為、しだいに興味なくなったんですよね。)

1997年 酒鬼薔薇事件
詳しくはあんまり知らない。働きだして仕事におわれていて世間のニュースなんて興味がなかった。でもフライデーに顔写真が掲載された時に上司がそれを見たらしく「お前に似ているなー」って言ってきたのだけは覚えている。その頃から職場で陰湿なやつって評価だったんだと思う。まじで働いていた時はしんどかった。スーパーで働いていたんだけど、開店前の品出しの時間あるやん。その時に店内に有線が流れてたんよね。中谷美紀の「砂の果実」、安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」はよく覚えている。今でもこの2曲を聞くとあの頃のことが甦ってきて泣けてくる。

あと日曜日に仕事帰ってから一人で家で飯食べるんだけど、その時に「ASAYAN」をよく見てて平家みちよとかモーニング娘。のオーディションを疲れながら見てた記憶がある。一週間これしか楽しみがなかった感じでした。(モーニング娘。はここからハマって4期加入あたりまでは見ていたと思う。たぶんASAYANで取り上げなくなって以降は見なくなったって感じかなと)

1998年 松坂大輔 春夏連覇

私が最後にちゃんとみた高校野球だと思う。この夏の大会はよく覚えてる。

1998年 フランスワールドカップ ペルージャ中田移籍

これもサッカーにそこまで興味はなかったんだけど、この頃、2社目の仕事をしていて先輩がサッカー好きだった為に見るようにしたんだと思う。とりあえず中田さんの夜中にやっている試合というかダイジェストというかそれだけはずっとボローニャあたりまでは見てたと思う。活躍していると見ちゃうよね。

1999年 ダイエーホークス初優勝
野球はホークスファンなんですよ。元々小さい時から親の影響で巨人ファンだったんやけど、どのあたりかな。FAと逆指名で1995年あたりにはなんだかなーって思って興味がなくなったと思う。パ・リーグはホークスを応援していたので完全にホークスファンになっていたんよね。しかし2003年阪神を下して日本一が私の中ではピークで、2004年には1位になったもののプレーオフで敗退して2005年にソフトバンクになったあたりで。。。興味なくなったみたいな感じです。プロ野球再編問題も結局あんまり見てなかったと思う。もう興味失ってたのかな。その後、メジャーを除くと大谷翔平選手の2年目までプロ野球の記憶はないんよね。

2000年5月 西鉄バスジャック
この事件のときはまだギリ働いていたと思う。2chの存在はこの事件で知ったわけだけど。。。いかがわしい掲示板って印象やったかな。そんでもって退職して1年くらいひきこもることになるんだけど。。。退職と同時にノートパソコンのVAIOを購入してBIGLOBEと契約してインターネットにつなげる。(初インターネットです。)最初はメル友みたいなのが欲しくてやりとりみたいなことをしていたけど。。。そのうちチャットするようになってその面白さにハマった感じですかね。テレホーダイとテレチョイスに加入して午後11時から午前8時までチャットをするような生活へ。

私の中でインターネットデビューしてネットの住人になるとテレビへの興味がなくなり見る機会が極端に減っていき俗世間のニュースとか流行り物に疎くなっていく。モーニング娘。にしてもこのあたりで私の記憶が途切れてるんだよね。中澤裕子卒業が2001年4月みたいだから。。。全く記憶がない。ドラマもキムタクドラマでいうとビューティフルライフ(2000年)、HERO(2001年)。が最後かな。テレビに興味なくなると「誠のサイキック青年団」も聞かなくなる(ちなみに例の打ち切りは2009年)

2001年6月 宅間の付属池田小事件
宅間さんの事件だけは。。。あれ?この年やったっけ?って思い出いっぱいだ。私の中では加藤智大の秋葉原事件(2008年)に近いと思ってたんだけど。。。あんまり記憶にないのはなんでだろ?タイ旅行から帰ってきてるし小泉首相誕生フィーバーでかき消されたか?

2000年
私はというと仕事を辞めて親には資格をとる為に専門学校の講座を受けるといいながら家にこもるようになっていく。やることはほぼインターネットでチャット。それ以外のことは覚えてないってことは何もしてなかったってことかな。

2001年
仕事を辞めてから1年が近づき貯金も尽きてくる。正常を装ったひきこもりなので年金などの社会保険料も払ってたし家にもお金入れてた為に気づいたら尽きてたんよね。さすがにまずい!何かしなければと思いオフ会に出てみよう!ってことになる。そこでいろんなメンタル系サイトを見るようになる。その中で「リアルで不足しがちな『心の隙間』を補うサイト」という、ぱぴぷーたさんが運営するHPがあってそこのオフ会の日程が近かったので参加することになる。まあさんが運営する「対人恐怖症のページ」にも大規模オフ会があったのですが。。。さすがに参加人数40人とかで募集してたので。。。そちら怖くてやめた。

この頃、「籠城」、「リアルで不足しがちな『心の隙間』を補うサイト」、「木漏れ日の部屋?」、「対人恐怖のページ」、「癒やしの隠れ家」とかかが有名どころだったかな。「BLUE」は同時期だったか?「ひきこもり村」は時系列的に数年あとだったと思う。ちなみに調べてみたらBLUEのみ現存しておりました。

BLUE:http://bluemental.karou.jp/

ぱぴさんのサイトのオフ会に応募してそこから始まったって感じかな。情報と人ですかね。それまではただチャットで馴れ合ってもこちらは個人情報を開示するわけではないし心を開かないといいますか。。。上辺だけの付き合いみたいな感じやったんですよね。それが実際に会うと変わったというか。2ちゃんにしてもオフ会の中でそういう話が出てきてさ。私の中では危ないサイトって認識やったんやけど、違うよー。みたいな感じでそこからいろんなサイトを教えてもらっていくようになったり。。。自分も日記を書いて発信するようになったり。当然見てくれてる人は何人か私という存在を認識してくれるようになってなんか動き出したといいますか。。。2001年は2ちゃんの無職だめ板と独身男性板を中心にROMってましたかね。

どうなんだろうな。2002年5月に正社員を辞めてバイト生活に入るんだけど。。。その頃には確実に2ちゃんの無職だめ板の労働開放スレとかその手のスレがあってサイレント・テロはあったのかどうか覚えてないけど。。。すでに少ない年収でも生きていくみたいな感じのことは議論されてました。なので2001年時には仕事つらいと言いながらそういうスレを見てたような気がします。2001年時に、メンタル系のサイトには人生に疲れた人はいっぱいいましたし心療内科通っている人。。。そんな人ばっかりでした。みんなオフ会にいくと薬自慢とかしだすんですよ。100均で買ったお薬ケースを出しあって薬談義に花を咲かせていたのです。

あと携帯電話は仕事で必要なので1998年に使いはじめて2000年にIモードの携帯を買ったのかな。2001年だったかな?そんな感じです。

この頃流行ってたのが。。。
侍魂の先行者
ちゆ12歳 とかですかね。

ちなみに「リアルで不足しがちな『心の隙間』を補うサイト」は、掲示板と日記がメインサイトでそこで私も管理人さんの勧めで日記を書くことになりWEB日記デビューを飾ったわけです。数年前、知り合いの話では管理人のぱぴぷーたさんはベトナムで日本語教師の仕事をしていると言ってました。今はどうか知らんけど。【2022.8.30】

2001年は私にとっては開眼した年



2001年って私にとって凄い年やったんですよ。新たな人生がはじまった。初めて自分の足で一歩を踏み出した。どういう言葉が妥当なのか分からんけど。。。とにかくここから今の私が始まったと思います。「マトリックス」という映画の中でネオが仮想現実社会ではなく現実社会にプラグを抜いて誕生するあんな感じといいますか。。。

2000年は社会からダメという烙印を押されて引きこもっておりました。引きこもってる時に過去の自分を冷静にふりかえってみると何の価値もない人間だということを悟りました。それで2001年にオフ会に出てweb日記を書き出してそこから世界が広がっていくわけなんだけど。。。



最後かもしれないだろ。
だから全部話しておきたいんだ。
(2001年にFF10発売)

今までは友達もいなかった為にカラオケとかもほとんどしたことがなく音楽にも元々興味がなかったのですがオフ会に出る為にカラオケで歌える曲を探したりレンタルCD屋さんでベスト盤とかを借りてきてPCに曲を入れて聞いたりあの頃は映画を月に何本は見よう!とかしてたと思う。その時に「ショーシャンクの空に」も見た記憶がある。今まで無意味に生きていたのを意味をもたせる?何か広げよう何か自分の世界を広げようとそういうことをしだした初年度だったと思います。初めてのことを意欲的にしていたのでこの頃はやっぱ長く感じるというか凝縮されているといいますか。。。これもこの年の出来事やったんや。あれもこの年の出来事やったんやってのが2001〜2004年で特に多いんですよね。

この年に東京でオフ会があって管理人さんにオフ会参加しますか?って聞かれたんですよね。東京のオフ会に参加なんかするわけないやん!って即答で答えたんですけど。。。その時に大阪から東京オフに参加した人が何人かいたんですよ。そのことに私は衝撃を受けました。フットワークが軽いというか。。。東京は遠い!という距離感を簡単に超えちゃう人たち。。。私とは感覚が全く違うんですよね。その頃までは私は修学旅行で東は長野県、西は広島県くらいしか行ったことがなくて一人だと東は京都市、西は神戸は三宮までしか行ったことがなかったんですよね。東京にオフ会のために行ってしまう人たちをみて。。。。すげぇーって思ったのでした。

田舎民でもコミケに電車賃かけて参加する人たちやアイドルのツアーに参加する人たちも同じような感じなのかもしれません。私は素直にすげぇーなと思って行動範囲を広げよう、いつも重い腰があがらないような人間なんだけどフットワーク軽くしたいとこの時は思ったと思います。

最初に東京に行ったのがある人に誘われていったんですけど。でも東京のオフ会の為に行ったのかな?観光した記憶がないので。。。元々その彼が金沢文庫に実家があってそこに泊まらせてもらったと思う。行きはどうだったっけな?一人で18きっぷ使って行ったのかな?帰りは一緒に帰ってきたけど。。。。オフ会は女子2人組と渋谷のモヤイ像で待ち合わせてもんじゃ焼きを食べた記憶があるそのあと、カラオケ行ったんだっけな。それとは別にオフ会も行ったんだっけな。過去日記を漁っても全く出てこないので消してしまったのかもしれん。たぶん2002年やと思う。浜松にもネット友達がいたので東京に行く時には毎回、浜松によってから行ってたと記憶している。

金沢文庫から東京へ朝に電車に乗っていくわけやん。私は通勤が苦痛で仕事が嫌だったってのもあったんやけど。。。東京の人の満員電車ってそれを越えてたんよね。この人達。。。これで1時間くらい耐えて毎日通勤しているんだって思ったら。。。東京に住んでいる人達って素直にすげぇーって思いましたね。青春18切符の存在もこの頃に知ったと思います。聞いたことはあるけど学生が使える割引切符だとそれまで思い込んでいましたし。。。ほんとみんな当時は青春18切符をよく使って移動していましたね。で、時刻表ですよ。時刻表なんて時刻表マニアが持つものって思ってたのがこの頃は買って持ち歩いてたもんな。駅スパートみたいなものもスマホないからパソコンでは出来るけどそれをプリントアウトして持ち歩くみたいなそんな感じだったかな。それだと突発的には動けないので時刻表を旅行の時は常に持ち歩いていました。嵩張るのにね。【2022.9.6】

初めてキスをしたのはHEP FIVEの観覧車の中



私が初めてキスをしたのはこのあたりだったと思う。1月下旬か2月上旬あたり。。。2001年の12月29日前後に初めてその子に会ったと思うんですよ。名古屋で会ったんですけどね。どっか館内に行こうとしたら年末年始に入ってて営業してなかった記憶があるので。。。29日かそのあたりかなと。

初めて会った時はカラオケでオールしたんですよね。けっこうカラオケでオールするのがこの頃のブームになっていてさ。私って友達とかいたことなかったやん。なのでカラオケじたいに行ったことなかったんですよね。2001年に初めてオフ会に行ったことで頻繁にオフ会に行ったりすることが多くなってよく朝までオールナイトでカラオケして朝方に朝マック食べて帰るみたいなことをしてたんよね。でこの時もカラオケでオールしたって感じです。

で2回目はその子が大阪に来てくれて梅田にあるアジアンキッチンで食事しました。ここは前にオフ会で連れていってもらった時にいい感じの店やん!って思ったのでよくいくようになったんよね。その後にHEP FIVEの観覧車に誘って乗ってそこでキスしたって感じです。二人とも初めてのキスでした。観覧車ってこれまでも子供の頃以来乗ったことなかったしこの後も乗ったことないんじゃないかな。

口づけをかわした日は
ママの顔さえも見れなかった、彼女はカラオケでこの曲を歌ってたのは覚えている。

で二人はその後どうなったかというと。。。観覧車降りた後にその夜はカラオケオールしてそこでは何もなくて、で。。。ネットのやりとりしているうちに喧嘩になって音信不通になったんですよね。今考えるとこの頃の私って女性に対して優しくないし人と接するのも今より難があってなんかよくトラブっていました。なんで喧嘩しちゃったんだろ?なんですぐに謝らなかったんだろう?って原因も分からんしなぜ歩み寄らなかったのかも覚えていません。ほんといろいろ経験して人は大人になっていくんだろうね。あの頃はほんと子供でした。あとこの子とは二年後により戻ります。それまでは完全に音信不通でした。【2022.9.5】

はじめての彼女が出来た話



私に初めて彼女が出来たのは2002年の秋です。とあるオフ会で知り合いました。正直今はもうあんまり覚えていません。顔写真とかも撮ったんだけど。。。2013年あたりでパソコンが壊れた時にそれまでのデータが消失して残っていません。ブログの記事も。。。一緒に行った日の日記とか探したんですけど。。。全て私が消してしまったようです。一応、当時は書いてたんですけどね。もちろん一人で行った体で書いてたわけですが。。。

奈良東大寺→大和郡山城→法隆寺に行きました。相手は2歳か3歳年下で短大卒の無職。当時はあるメンタルサイトの管理人さんでした。収益はその当時は発生してなかったと思います。私は大手サイトを運営している人に対して憧れのようなものがあって、自分もそういうサイトを運営出来たらいいなーなんて思っていたんですよね。実際に作ってみたけど全く流行らずって感じでしたが。。。彼女はチャット、掲示板、メル友募集くらいのコンテンツでしたけどそこそこのサイトに育っていたのでオフ会で会った時は憧れの存在でありました。付き合ってから話しを聞くと彼女もメンタルサイトを見て自分も同じようなもの作りたいなーと思って作ってみたら人がきてアクセスがあがってみたいにトントン拍子にいったと言っていました。そう彼女には瞬発力があるんですよね。才能だと思います。しかし継続力はないんだけどね。サイトの方も結局、トラブって途中でやめたみたいやし。

仕事面でいうと仕事が出来ないわけではなく無難にこなすことは出来るんだけど、マンネリが嫌なのか?通っているうちにもう行きたくない!って急に思っちゃうんだって。やめたい!って私の場合は人間関係とか仕事が出来ないからという明確な理由があってそこに悩んでいたんだけど。。。彼女はそうじゃなくて人間関係も仕事も別に問題なくこなせているけど辞めたいってなるんだって。だいたい半年か一年でやめちゃっていました。

でもね。瞬発力はあるんですよ。その当時は珍しかったエクセルとワードのMOSの資格を自力で取得して初級と上級ね。で、高校の臨時講師になるんですよ。そんなの普通しようと思う?人に教える講師だよ。でもやろう!ってなるんだってでも授業はちゃんと進めることは出来ていたんだけど何ヶ月後かには行きたくなくなり無断欠勤してやめちゃうみたいなw 今思えば躁鬱だったのかもな。躁の時に凄い動き出して鬱気味になったらやめちゃうみたいな。かもしれんと今になって思い出したわ。

別れは突然やってきて結局半年ももたなかったと思う。ほんと急にですよ。前回会ってバイバイって別れて急にばっさり切られたみたいな。私としては。。。なんで?って思ったわけだけど。。。ふられたのにあんまりしつこくしても気持ち悪がられるので受け入れることにしたんよね。

最後に言われた言葉が「好きにならせてよ」みたいなことを言われたんですよね。どういう意味かというと。。。付き合ってるわけだから彼女は私のこと好きなんでしょ?好きだから付き合ってるんでしょ?って私なんて思っていたんだけど。。。どうやら違うらしく、とりあえずいいかなと思って付き合ってみたけど付き合ってても、つまんねー男だなって思ったんだろうと思うんよね。私が好きなるようにしてよ。その気にさせてよ。付き合ってるからといってぞっこんラブではないんだよ。ってことなんだと思う。あくまで私の解釈なんだけどね。

そういうこと。まあ、付き合うのは初めてだったのでよく分からなかったんだよね。元々シャイってのもあるし。。。好きって言わなきゃ伝わらないし好き好きアピールしなきゃやっぱ分からんってこと。察してよって通らないってことを理解しました。

彼女の最後を見たのは、あるサイトの掲示板です。そこで、工場の仕事が気になっています。女性で一緒に工場に働きたいと思ってる方、連絡ください。みたいなことを書かれていました。彼女もなにかもがいていたんだろうなと思います。ちなみに初エッチは京橋のラブホでしました。この頃は実家暮らしだったのでラブホ使ってました。【2022.9.6】

初体験の夜の話



流れ的には夜にカラオケ行っていちゃいちゃしてたら気分がのってまだ一緒にいたいみたいな雰囲気になってこのまま泊まろうよみたいなことを彼女が言ってくれたと思うんだよね。大丈夫なの?って聞いたら親に電話したら大丈夫だよって言って親に電話して、場所は京橋やったんやけど彼女はリトルカブでそこまできててダイエーかどっかに駐輪しにいってそのまま二人で京橋のラブホ街に入って適当に入るホテルを決めたと思う。ホテル名は記憶にないけど外観がピンク色やったと思う。

彼女は彼氏いたこともある子で恋愛経験ありの子。私は恋愛経験なしの童貞。でもこの年令で童貞は恥ずかしいので彼女いたことあるよーみたいなフリをしていました。口に出しては言わないよ。でも、接していたら確実にバレてるよね。私の恋愛の知識なんてAVとときめきメモリアルしかないもんな。

で、ホテルに入ってAVで見たような感じですすめていくわけだけど。。。前戯したあと。。。勃たない。ピクリともしない。よく緊張していざとなったら勃たないって話を聞いたことがあったけどまさか自分がなるとは思ってもみませんでした。勃たさねば!勃たさねば!とめっちゃ焦ったもののピクリともせず。。。彼女に慰められてその夜はそのまま寝たと思います。ちょっとくわえてもらったのかな?

勃たない問題って私はこの時だけの問題ではなくずっとこんな感じなんですよね。AVみたいに順番にやるんだけどクンニしたあと勃たないんよね。じゃあしなければいいじゃん!って思うかもしれんけど好きやし。。。毎回、前戯から挿入の間はぐだぐだになっている。なので心の広い彼女ではないと厳しいんだよね。風俗とかだと時間待ったなし一本勝負やん。再戦も認めてくれないし。。。。彼女の場合は時間的なゆとりがあるのでまだ楽しめるんだよな。

そのまま寝て朝方にいちゃいちゃしてもう一回!ってなったんだけどいざ!となると勃たなくて彼女がくわえてくれて。。。それでもいいかーと思ってたら急に勃ったので慌てて挿入したみたいな感じで終わりました。生みの苦しみじゃないけど。。。初体験はドタバタでしたね。男としてこの夜のことはショックすぎてまじで何の取り柄もないやんって落ち込んだ記憶があります。【2022.9.6】

2003年のまとめ【整理】



冬に初めて付き合った彼女にふられ、6月に実家を追い出され(理由はいつまでバイトみたいな甘えた生活してるねん!出ていけ!みたいな感じでした。)三週間くらい放浪生活をし。。。7月くらいには大阪で一人暮らしをはじめます。一人暮らしを始めると自由を手に入れて開放感からかだらけてしまいバイトを無断欠勤していかなくなりそのうち辞め無職になる。まだその頃は貯金はたしょうは残っていたんだけど。。。年末にはゼロに近づき2004年そうそう2月で破綻することが決まっていました。確実に働かなきゃいけない!って状態で2003年を終えました。

一人暮らしをはじめて自由が手に入ってよかったです。あと女性関係もなんやかんや出会いはありました。半年明けず付き合ったりしました。うん。当時は出会いないーと思ってたと思うんだけど、この頃、チャンスは一番あったかもしれません。一年がすごく長かったように思います。2001〜2005年あたりは長く感じたな。おそらく自分自身がそれまで経験値が低すぎて新しいことの連続だったのでそう感じたのかもしれませんね。出会いもあったし付き合ってなくても付き合うチャンスは一番多かったかもしれんね。告白する度胸がなかっただけで。。。。一人暮らしをしているとラブホとか行かなくなりましたね。

そういえば、この頃に子持ちの女性と付き合ってたのですが、当時は小学校の低学年だったんですよね。会ったことはないけど写真では見てました。で、10年以上たってからその子の名前が漢字で書くと珍しい名前だったので検索してみたんだよな。そしたら陸上部で地区大会みたいなものに入賞していて名前が出てきたんですよ。住んでる場所もビンゴで。。。おおお!と思ってツイッターでも検索するとそこにも出てきたのかな。18歳で卒業まじかな3月くらい。めっちゃ可愛くなってましたよ。月日が流れるのは早いもので。。。卒業旅行に彼氏とUSJに行ってる写真がいっぱい出てきました。その後にアカウント消しちゃったみたいやけど。。。私がフォローしたのが原因だったのかもw

あとこの頃に行った場所とか全て記事は消えてるし写真も残ってないんだよな。あれ以来いってないけどさ。龍野市とか赤穂市とかあのあたり。。。東京に2度目の訪問もしたしというか。。。毎年のように東京には行くようになってたかな。この年も別に観光で行ったわけではなく人に会いにいったんやけどね。だから上野公園くらいしか行ってないです。フットワーク軽くなりたいと思ってたのでようやく自分の人生がスタートした。2001年に引きこもり明けで新しい自分が誕生して2003年一人暮らしで翼を得たみたいな感じやと思います。



2001年千と千尋の神隠し、クレヨンしんちゃん「大人帝国の逆襲」
2002年ほしの声
2003年キメラアント編 連載開始


2003年にこれらの映画を見たような気がします。2002年やったかな。ハンター☓ハンターのキメラアント編は始まったのはこのあたり。最初、ラフスケッチみたいな絵の時もありました。という漫画じたいこの時期には見てなくて唯一ハンター☓ハンターとカイジだけ見てたのかな?

【2022.9.6】



すっかり忘れてたけどこの頃、「20世紀少年」にハマッてたのよね。この影響でこの後、万博に行きたい!とか太陽の塔の内部も観に行ったし、岡本太郎美術館とかも行ったんだよな。なんで忘れていたんだろ?おそらく漫画やアニメの名作ってその後も何度も読み返したり見返したりするから記憶に残っているんだけどこの「20世紀少年」ってネタバレ要素大で展開重視だから2回読みたいかって言われたらそうじゃないのでそれが原因かも。

【2022.9.23】

2004年のまとめ【整理】


工場夜勤、株かな。どうしても2003年、2004年は工場の夜勤をしていて12時間労働だったので自由な時間がなかった。休みの日も疲れているしね。1ヶ月の余暇はあったけど。。。前年に比べると自由は減ったと思う。一人暮らしをして初めてやりたいと思っていた証券口座を作ってなけなしの金で株を買ったのもこの年です。工場の夜勤で働いて帰ってきてから株の上げ下げをみてたまにオフ会行ってみたいな一年だったかな。

2002年のファーストキスした子と再び接近して付き合ったのもこの年だったかな。(前年からまたがってたかもしれん)遠距離だったけどね。思い出は五山の送り火を見に行ったのは覚えています。なのでお盆に来たんだろうね。私も初めて有名な五山の送り火を見に行ったのよ。5山をちゃんと見ようとしたんだけど。。。鴨川沿いが凄い人でさ。人混みに流されるまま翻弄されて。。。完全に一通だし2つくらい見ただけで時間切れとなった。というか花火と違ってきれいでもなんでもないからさ。もう絶対に行かないと心に誓ったのであります。人ゴミを味わえるだけでクソつまらなかったよ。

あと毎年、東京に行ってる記憶があるんだけどこの年もこの子に会いに行ったように思う。八王子に住んでた。元々東京の子じゃなかったんだけど出会ったあとに上京したんだよね。もし2002年に喧嘩してなかったら大阪で住んでたかもしれなかったとのこと。運命の綾やね。というか東京でよかったと思う。大阪だったらもっと私のために人生をぐちゃぐちゃにされていたかもしれんからさ。



その子は鬼塚ちひろをよく歌ってましたね。私は鬼塚ちひろの「私とワルツを」が好きになったかな。この頃は、Coccoの「強く儚い者たち」を歌っている子が多かった印象かな。でもこのあたりで男女問わず、この時期に知り合った人の中でも上を目指す職を選んだ人とバイト程度でいいと思った人でその後、大きく差が開いていったかなと思う。年齢的に転機やったのかもしれん。自分は薄給底辺を自ら選びました。【2022.9.6】
ぷろふぃーる
名前:くらげ
1974年生まれ
無能な無職だめ人間
年収と貯金からみる経歴
「進撃の無職」早見ページ
ひとり旅まとめ

月別アーカイブ
記事検索
メッセージ