海月日和

旅行とオフの写真など

2009年04月

京都御所めぐり




調理師免許の願書を提出する為に京都に行ってきた。
出町柳駅から歩く。
御所沿いを歩いたんだけどね。
同志社大学にも入ってみたかったんよ。
でも願書の締め切り時間の関係もあるので断念する。
京都御所、訪れたのは二回目だ。
だだっぴろい場所で何もないという印象だったんだけど。




やっぱり何もなかったw
春と秋に御所内に入れるとのこと。
ちょうど御所内から出てくる団体を見ました。
でも予約が必要だとのこと。
まあ。時間ないしいかないけど。
というか金いるんしょ?




しかし、だだっぴろい。
市民の憩いの場と思えばいいんだろうなぁ。
史跡と思うと。。。わざわざ足を運んで来る必要性はないと思う。

これがあの蛤御門です。
私はここから出て京都府庁へ向かう。




途中で、いのししの神社の前を通るが。。。
なんかいかがわしい。

府庁で願書を提出した後は二条城へ向う。
二条城には私は過去に何回も入った事があるんだけど。。。
ここって私的には非常に残念な城である。




入るのに大人は600円いるんだけど。。。
600円払って入る価値あるんですかね?
まぁ。庭とか凄いものらしいけど。。。
私は庭なんて興味ないしさ。

城を南下する。
神泉苑へ入る。







だから何?って感じなのだ。
ここでの写真を撮ったんやけど。
撮った時は、レンズを覗いて撮っている瞬間は最高の写真が撮れてるって思っていたんよ。色とか本当に綺麗やったから。。。
しかし。。。出来た写真を見ると微妙である。




二条陣屋前を通って。。。




こんな町を通って商店街に出て西進して。
えっとだらだら南下して大宮駅をゴールにした。
壬生とかにも行こうかなとか思ったねんけど。
足が痛いのでやめた。

敦賀の街を散策2




敦賀を散策の続き。
私。。。恋しました。

敦賀の港へ行くと旧敦賀港駅舎、赤レンガ倉庫、敦賀ムゼウムが建っているんだけど。。これがもの悲しいんです。
敦賀という街ってそういう可哀相な街だったんだと思って。。。
敦賀の歴史っていうんですか。。。




この敦賀の町は、明治期には貿易港として栄えた。
線路も開通して賑わっていたんだと。

で北陸にも線路が開通するようになると一時は寂れるわけなんだけど。
その後、敦賀駅とシベリア鉄道が開通する。
敦賀駅からシベリア鉄道を経てヨーロッパにいけるようになると。
敦賀は唯一の大陸へ渡る窓口になり繁栄をした。
そう。。。近代で繁栄したので街も古い町並みとかは存在してないんよ。
そう。。。微妙な町並みなわけよ。




これが和製シンドラーのリストである杉原千畝の命のビザです。
敦賀ムゼウムに展示されています。
杉原千畝さんがここの出身ってわけでは決してなく。
ポーランドでユダヤ人に命のビザを発行してユダヤ人達がシベリア鉄道を経て大陸の窓口である敦賀の駅に降り立った縁からです。
ユダヤ人達が始めて日本の地に降り立ったのがここなんです。
初めて自由になった瞬間がこの地だったわけです。
それまで、シベリア鉄道に乗っている時に、ほぼ全ての財産をとられていったそうです。持ち物、貴金属、金、身ぐるみロシア人達にはがされていったみたいな。日本に降り立った時にはボロボロの服をまとっていてほぼ無一文だったそうです。

で展示場に当時、そのユダヤ人の一行を実際に見た人の感想とかが書かれていて、結構、いい資料なんじゃないかなって思いました。







線路をわたって金崎宮へ。
ここは恋の宮とも称され恋愛祈願に多くの男女が訪れるそうです。
花換えをして成就しようというわけです。







つうか!巫女さん!めっちゃ可愛い!!
びっくりしたよ。
可愛すぎですよ!!
ヤラれました。
見た瞬間に恋しました。




「花換えしましょ。」

いざ!金ヶ崎城跡へ。
はい。ただの山です。ここに信長・秀吉・家康・利家が勢ぞろいしたらしいです。ここから見える景色がね。凄いんです。
いや。。。ただの海ですけど。。。




で降りて自転車で一気に武田耕雲斎の墓へ。




で最後は日本三大松原である気比の松原へ行ったんだけど。
だから何?って思った。
浜辺だけ撮ってきた。これもだから何?って感じなんだけど。




駅で自転車を返して、「金太郎」でとんこつしょうゆラーメンと豚足を食べる。
豚足は初めて食べたんよ。これってどうなの?




まぁ。そんな感じ。
敦賀といえばラーメンの屋台なんだそうだ。
このアーケードに何店も出るんだって。それが名物らしいんだが。
夜の8時にならないと開かないんだって。
なので帰れなくなるおそれがあるので断念した。
しかし。。。調べてみたらどこも屋台は行列が出来るって書いてあるんだよね。
ほんまに行列が出来るの?って疑問に思った。
だって。。。人。。。マジでいないよ。
どこからか。。わちゃわちゃと人が午後8時になると出てくるんかい?




夕焼けの街は激しさをそっと忘れてる
いつか見た空が僕の心を帰すよ どこかに

新しい暮らしにも少しは慣れてきたけど
勝手な僕は 君を思い出す

ALONE 僕らはそれぞれの花を
抱いて生まれた 巡り逢うために

とりあえず花換えしちゃったよ。
今年は彼女出来るといいなぁー。



敦賀の街を散策




春の青春18キップ最終日に敦賀に行ってきました。
敦賀行きの電車の中で異変を感じる。
ジジババばっかり。。。
敦賀ってそういう街なのか?

駅を降りて観光案内所へ行き、まずはマップをGETする。
マップを見て初めて知ったんだけど。。。
敦賀は「銀河鉄道999」と「宇宙戦艦ヤマト」に出会える街だそうだ。
マップにもいろいろと描きこまれているんだけど。。。
敦賀港開港100周年記念事業の一環として製作されたんだって。
ほぉ~と思い街を歩き出す。




で、この999のモニュメント。。。
出来悪いです。正直いってこんなんやったら作らん方がマシです。
写真を撮ろうかなと思ったんだけど。。。撮るに値しないです。
エメラルダス。。。これがまだマシな方。
あとは酷いです。
税金の無駄遣いです。
市民に謝ってください。




まずは腹ごしらえでヨーロッパ軒で名物であるソースカツ丼を食べる。
感想は所詮はソースをかけたカツ丼なので想像出来る味です。
ボリュームがあっていいとは思うんだけど。。。
いかんせん。。。ソース味やからね。

で店を出て歩き出す。
マップでは一番遠い金崎宮までが徒歩で30分って書いてあったので。
それくらいだったら余裕やんと思ってたんよ。
しかしこの敦賀のアーケード街が凄い距離があるんですよ。
真ん中に片道2車線で四車線通っていてその脇に駐車スペースがあってでアーケード街となってるんよ。
等間隔に歩道橋までついていてさ。
凄い都市計画的に街を作りましたって感じなんだけど。
そのアーケードに人がほとんど歩いてない。
四車線の道路も車がほとんど通ってない。
車通ってないから歩道橋なんて使わなくても普通に渡れる。
店も全く開いてないってわけじゃないけど、開店してるのも、まばら。
はっきりいって。。。こんな設備いる?って思った。

で、ほんまに歩いてて同じような風景が続くので、しんどくなる。
途中でこのまま歩いていくと大変な事になると思ったので駅に引き返してレンタル自転車を借りる事にした。自転車やとやっぱ早いわ~。




まずは気比神宮へ行く。
今回、敦賀に来たわけなんだけど、敦賀という地名は実は私は記憶してない。
この地名も前回行った愛媛の伊予西条と同じく敦賀気比で知っていただけだ。
はい。高校野球です。
もう高校野球なんて何年も見てないけど。。。
10何年前か忘れたけど敦賀気比の内藤くんのたてにわれるカーブだけは鮮明に覚えています。プロ野球に入れたんかな?







で気比神宮。。
しかし自分でもびっくりする程、写真撮るの下手やなって思ったよ。
撮って帰ってパソでチェックすると。。。なんじゃ!これ!みたいなね。
ほとんど観れる写真なんてないじゃん!みたいなね。

自転車で大谷吉継ゆかりの八幡神社へ
まぁ、いろいろと奉納とかした神社らしいのだが。
う~ん。小さい神社だし微妙だ。
人なんて一人もいないし。。。




そこから敦賀城跡があった真願寺へ。
う~ん。微妙だ。
なんか境内にあるものもなんか新しいっぽいんだよね。

敦賀酒造前なんですが。。。
この町も微妙に新しいんですよね。
昔の家とかほとんど残ってないんだわ。
この一角だけ
自転車で結構、走りまわったんだけど。。。
あんまり面白くなかった。




で気を取り直して永賞寺へ。
大谷吉継の菩提寺なんだけど。。。
ここも微妙な感じだった。










大谷吉継関連の史跡じたいあんまり残ってないってのもあるんだけど。
もうちょっとここに住んでいる人。。。大事に扱って欲しいなって思った。
寂れすぎです。
銀河鉄道とか宇宙戦艦ヤマトなんかどうでもいいんじゃ!!
ぷろふぃーる
名前:くらげネコ
1974年生まれ
「進撃の無職」早見ページ
ひとり旅まとめ
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ