海月日和

旅行とオフの写真など

2010年05月

私はこの日、オフ会したようなんだ。



会った人:不明

今日、オフしてきた。
ビックマンで待ち合せしてジャンカラへ。
1時半~6時半まで計5時間。
歌いまくった。疲れた。
いつも1時間半でお腹いっぱいなのに。
倍以上だもんね。疲れる。
ジャンカラでは5月末までは半額なので。
来週もカラオケに一人で行こうかなと思ってる。

しかしFXで火達磨になってる。
もうボロボロやわ。
今回は最後まで耐えるつもりだ。
どんなに下がっても耐えてみせます。
もう少しで給料日やし。
それまでもてば資金を追加投入できるんだぜぇ!
下がったら下がったで私には秘策があるのだ。
為替の仇を株で討つ!
やる。やってやる。
来週あたり勝負する!
でっかい勝負さ!
今月中にはなんとかする。
なんとかなるはず。
なんとかならなきゃ。
その時その時!

明日もなぜか休みだ。

-----------------------
追記:これ誰と会ったのだろう?
午後1時半〜6時半まで。。。全く記憶にないな。【2022.9.22】

長崎の旅 ~亀山・風頭と平和公園~

昼からは亀山・風頭エリアへ。
亀山社中ですよ!
でも私はそこまで思いいれはない。
竜馬ファンは亀山社中なんだろうか?
私はそれほどでもないんだよな。
亀山社中ってロゴ描かれたTシャツとか。。。いる?
いらんよな。



しかしここも正直、微妙だったな。
凄い場所にあったんだとは思ったけど。。。
それだけかな。
でもその龍馬館とかそれだけではないけど。
いろんなとこで写真を見れてさ。
今まで見た写真とかも、もちろんあるんだけど。
見たことない写真とかもあってさ。
吉田東洋ってあれは写真か?
つうか吉田東洋って写真撮る機会なんてあったんか?
何枚かえ?って写真もあったなぁ。
勝海舟とか若い時の写真しか知らんかったし。
亀山社中の面々も全員あるよね。
あと亀山社中って土佐出身と陸奥宗光は知ってたけど。
それ以外の藩の人間もいたんだね。
へぇー。知らんことも結構あったなぁ。



でもさ。
この亀山・風頭エリアはカップルが多かったわ。
なんかさ。うざかったわ。
男が龍馬好きで彼女を連れていくーみたいな。
あーうぜぇ!うぜぇ!
なんかあるよね。
修学旅行はこのエリアにいるし。
グラバー園とかはお年寄りのグループが多かったりとかさ。
ここはカップル多かった。

でもさ。
やっぱり岩崎弥太郎って桑マンだよな。
後藤象二郎はジョーダンズの山崎やし。
龍馬は私的には袴田吉彦なんだけどね。
あとさ。資料館とかで知ったことなんだけど。
大河の「龍馬伝」でさ。島崎和歌子って私はずっと親戚のおばちゃんって思ってたんよ。坂本八平(龍馬の父親)の妹か何かだと。。。。
杉本哲太の嫁さん役やねんてな。
えーーーーーって思った。
つうか!「それはないんじゃないか。お前さんとか」。夫婦らしい会話なかったよな。



で電車に乗って原子爆弾落下中心地へ。
原爆資料館。。凄いね。
小学校の修学旅行で広島に行ったんよ。
で資料館もおそらくみたと思うんだけど。。。
全く覚えてないんだよな。
うん。当時の映像とか。。。うん。
凄いね。
原爆の歴史みたいなのも展示されていてさ。
それを見たら。。。
アメリカって使いたくてしかたがなかったってあれみたら分かるよね。

でも長崎の私のイメージって出島で。
欧米と日本が混ざった街ってしかなかったんですよ。
そんな街になぜ?原爆が落とされたの?って疑問だったんだけど。
長崎港みたら。。。ああぁ。。。そういうことかみたいなさ。
実際にいくと分かるね。



長崎の平和公園にいく。
あそこで思ったことなんだけど。
あの有名な像あるやん。青い銅像でシェーみたいなことしている人。
あれをバックにみんな、記念撮影をしているんだよね。
あんなん何がいいの?
なんなんあれ?
全く写真撮る気にならんかった。
なんなんあれ。まじで。

まだ時間があったので。
昨日のリベンジをした。
長崎市になる稲佐山にある温泉にいってきた。
温泉までバスで行くんだけどね。
隣の女の子二人がさ。ずっとしゃべってるんよ。
席は一番後ろの席の私が真ん中。
私の両側二席のうちの右側に二人座ってたんだけどね。
ずっと。けんけん言って可愛かったんです。
「~したけん」「そうけんそうけん」とか。。。
まじかで女の子の方言を聞いていて。。。萌えました。
私が生まれて最初に聞いた方言は兵庫の方言でさ。
加古川の子やったねんけどね。
高校の卒業旅行で長野に行った時に知り合った子なんだけど。
「~しとー」とか「しっとーしっとー」とかさ。
それを聞いてえ?みたいな。
可愛いって思った。
めっちゃ萌えた。
未だに「しっとー」とか急に言われるとキュンとなるw

で露天風呂!
上からは長崎市が一望できます。
夜とか。。。夜景とか凄いのかもしれん。
で特急かもめで福岡に行き~の。
そこから初めて「のぞみ」に乗って大阪へ。
のぞみのアナウンスの女。。。声小さくて何言ってるのかわからんかった。
あれが普通なの?おしまい。

長崎の旅 ~東山手・南山手~

長崎の旅も最終日。
有名どころを全部まわるつもりで出発した。
午前8時前にはグラーバー園入口に陣取る。
グラーバー園は行く価値ありです。
堪能しまくりました。いいです。
ここから見る景色もいいけど。
建物、資料すべてまとめていい感じでした。



長崎では今、大河で「竜馬伝」やってるのもあると思うんですが。
竜馬ゆかりの地を大々的に街ぐるみでうちだしているんですよ。
でもグラーバー邸での資料とかみると。。。
長崎は岩崎弥太郎ゆかりの地っていう方が大きいね。
竜馬は長崎だけでなく高知、京都、東京、あと福山とか縁の深い地があるやん。
岩崎弥太郎って生まれ育った高知でさえ安芸にあるだけやし。
長崎港一帯の造船所とか見てると。。。。
このグラーバー園もそうだし。
グラーバーものちに三菱の顧問になってるしね。
この街は岩崎弥太郎が作った街とまでは言わないけど。
それくらい影響があったんじゃないかなった思った。



あとさ。岩崎弥太郎って地下浪人なんだけど。
この地下浪人の意味が今まで知らなかったんよ。
土佐の身分制度では上士と豪士があって。
竜馬は豪士。でも元々、才谷屋って商人でお金で侍の身分を買った家柄。岡田以蔵は身分は足軽。
だからイメージとして地下浪人と足軽はイコールだと思ってたんよ。
地下浪人ってさ。侍の身分を金で売った家なんだってさ。
初めて知ったよ。竜馬とは逆の家柄って事になる。ほぉ~みたいなさ。岩崎弥太郎に関しては正直全く私は知らないんですよ。
だから大河ドラマもそのまま受け取っていたんだけど。
史実とちょっと違うね。
それも全く違うわけではなく。ピンポイントで史実どおりだからタチ悪いなって思った。

途中で豚角煮まんじゅうを食す。まぁまぁ。
大浦天主堂下から石橋まで路面電車に乗る。
一区間だけど一日乗車券を買っているので遠慮なく乗る。
しかしこの長崎にきて三日間で路面電車には何十回も乗った事になると思うんだけど。『次降ります』ボタンを結局、一度も押さなかったな。
なんかさ。バスに乗りなれてないのもあるんだけど。
あのボタンを押すタイミングが分からないんだよね。
駅を出発してすぐに押すとイキってると思われるやん。
ていうかあのボタンを押すと車内の人間に「こいつ押したな」って思われるわけやん。調子乗ってるなって思われるやん。
注目されるわけやん。それがね。。。
だから押せないんだよね。
一度だけ誰も押してくれないから電車が通り過ぎたことあったしw
出島駅で降りたいのに誰も押さないから。。。
大波止駅で降りるはめになってさ。
降りて逆方向の電車に乗ったら。。。あいつ乗りすごしたやつやって思われたら嫌なので。。。出島駅まで歩いてさ。
だからさ。私は何が言いたいかというとね。
よくテレビの番組とかで誰が押したかわからんように手元のスイッチを押してくださいってボタンあるやん。ああいうのを持たしてくれたらいいと思う。
そしたら気兼ねなく押せるのにな。



南山手から東山手付近を練り歩く。
しかし坂。。。凄いね。
写真は孔子廟中国歴史博物館なんだけど。
これ今回の旅でベストフォトになったと思う。よくねぇ?
ここ入るのに600円するんだけど。めっちゃよかった!!
こういうのって神戸とかにもないもんね。凄かったよ。
ここで金印が展示されてるんよ。
昔、歴史の本に載っていた漢委奴国王って金印。
本物は福岡にあると思うんだけど。ここには違う部族がもらった金印を展示してあるんよ。私はここでも凄い勘違いをしていてさ。
金印って小さいねんね。
普通の印鑑みたい。大きさはあのくらいで持つところがないからさ。
少し大きいサイコロみたい。それくらいの大きさ。
私はずっと信長の「天下布武」の印鑑くらいの大きさと思ってたんよね。



ここで長崎で唯一のおみやげを買う。
三国志トランプを買いました。
これ店の人が中国で売ってるものっていってたけど。
1~13×4種+ジョーカー2枚の計54枚。
ジョカーの1枚目が桃園の誓いで二枚目が大僑小僑。
でね。4種あるので魏、呉、蜀とその他で構成されているのかなと思ってたんよ。その他は呂布とか董卓とか袁紹とか。
でも帰ってから見たら違うんよ。バラバラ。
例えば、スペードの1が劉備2が徐晃3が張遼、4が董卓5が張昭みたいな。
全部見て。。。呉国太って。。。誰?
孫権のお母さんか?なんでこんなのチョイスしたんやろ?




でから。お昼になったので吉宗で御一人様(茶碗と蒸ずし)を食べたんだけど。
微妙だった。

長崎の旅 ~原城&雲仙~

島原駅でちょうど島原半島の半分に到達しただけだ。
でもここから電車はない。もう廃線になってしまった為だ。
なのでバスに乗って南下する。
目指すは天草四郎が自害した城である原城です。
しかしさ。



バスに乗るのってほんと苦手ですわ。
小学校二年生まではさ。駅から家が遠かったので。
バスに乗ってたんよ。もちろん一人で乗ったわけじゃないけど。
親につれられてね。
でも引っ越してからはバスって乗らんようになってさ。
それ以降は乗るのが怖い。
路線図のみかたとかも分からんし。
電車とは違うやん。
電車ってネットで調べたら路線図とか出てくるやん。
バスってさ。全部のバス停を路線図に載せているわけじゃないやん。
今回も原城で調べたってさ。どこを探しても載ってないわけよ。
もしかしたら止まらないのか?って思ってみたり。
駅員さんに聞いたよ。
聞くの苦手なんだよね。原城行きのバスってどれですか?ってさ。
言われたまま乗ったわけなんだけど。
電車だったら駅を通過する時に駅名と次の駅名が分かるやん。
バス停って見えないやん。次わからんし。
路線図に乗ってないし。
だから今、どこまで走っているかもわからんし。
地元の人やったら分かるかもしれんけど。
だからバスに乗ってる時は寝られないんよ。
何分で着くかわからんし。
今どこらへんを走ってるかわからんし。
だから分からんねんって。



とこんなあんなで原城のバス停に到着した。
えっと。城跡です。
だだっぴろい山です。
二の丸とか畑になっています。
この写真の右半分くらいが本丸です。
二本、木が立っているところらへん。
真ん中が海。原城は海に面している。
畑は段々畑。
原城から東を見れば海が広がっていて。
西を見れば雲仙普賢岳がそそりたっています。たぶん。

この本丸のところに天草四郎の像と。お墓があるんだけどね。
私はパシャパシャ写真を撮ったんだけど。。。
今考えると。。。やばいんとちゃうんって思ったり。
よく天草四郎関連の舞台とか映画とか撮るとちゃんとお祓いをしないと。
事故が起こったりするなんてことを聞くやん。
なので私も呪われるんとちゃう?
まあ。。。死んでも別にたいした人生ではないので悔いはないけどね。




しかし方向音痴むごいです。
原城を降りたとたんに迷った。
なんの手がかりもなく迷った。
つうかここらへんの地図とか持ってないのでいきあたりばったりで歩いていたから。めっちゃ。迷った。原城の資料館みたいなのがあってさ。
資料館まで700メートルって看板があったねんけど。
途中で断念した。坂がむごい。
でバスに乗って島原へ。
1時間ちょっとかかる。
遠いです。
だだ広い山をみるためにバスで往復3時間。。。
私は何やってんだろう?

島原に着くなり雲仙行きのバスの飛び乗る。
雲仙は島原から45分かかる。
せっかくだから温泉に入って帰るつもりだったのよ。
この日はいい天気だったから汗かきまくったし。
歩き疲れたしさ。
地獄めぐりもしたかったし。
温泉にも入りたかったんよ。
無事に雲仙に着く。午後6時。
バス停で帰りの諫早行きのバスの時刻表を見る。
最終バス午後6時05分。

えっ・・・・。

その諫早行きのバスが今降りたバスの後ろにもう来てるのよ!
どうする?この諫早行きのバス乗らなかったら帰られへんやん。
泣く泣くそのバスに乗る。
雲仙。。。。滞在時間、2分もなかったと思う。
で乗ってから気づいたんだけど。。。
島原行きのバスの最終が午後6時15分やったんよ。
諫早までは1時間20分くらい。
島原までは45分。

島原に戻って島原で温泉に入って電車で帰ってきた方がよかったんじゃないか?って思ったけどあとの祭り。
諫早まで1時間20分。。。。バスは私一人だけの貸切状態。
雲仙から小浜経由して諫早ってのは島原半島西岸を走ることになるわけで。
夕日がほんと眩しかったよ。



自分のバカさかげんに涙が出てきたよ。
長崎に戻って中華圏で太麺皿うどんを食べる。
皿うどん。これも美味でした。
この日もネカフェに泊まる。

長崎の旅 ~神代町&島原~

長崎の旅二日目は島原に行くことにした。
朝早くに起きて諫早から島原鉄道に乗り込む。
よく諫早湾の干拓とかよく耳にしてたけど。。。
ここだったんですね。九州の熊本から長崎にかけての湾のどっかかとは思ってたんですが。。。ここやったんやって初めて知りました。
島鉄に揺られて神代町駅へ。
ちょうど高校生の通学時間とあわさってね。
しかし。。。大変やなって思ったよ。
こういう田舎の交通事情を考えるとさ。大変やなって。
駅に降りて海岸までいくと。
標識にサッカーボールのマークで国見って書いてあった。
国見?あの国見高校ってここにあるん?
ってことを知った。詳しくはない。高校名しか知らんので。



神代は佐賀鍋島家の飛び地である。
正直、神代町駅で降りるか降りないかは最後まで迷ったんですよ。
鍋島家が住んでいた陣屋くらいしか載ってなかったので。
全く期待してなかったんですよね。
鍋島陣屋を中心にして狭い範囲で城下町になってるんです。
ほんと小さいです。長崎の中華街なみに規模小さいんですけど。
でもさ。これが凄いのよ。
町並み見てるだけで。。。これは違うと思える。
民家の塀を見てるだけで。。。ここは違うって。
散策しててかなり楽しい!

でさ。散策してると、ゴミ出しにきてたおばちゃんに話しかけられてさ。
ここの家がここの第一家老の子孫の家なんよ。でね。その隣が第三家老の家なんよ。だから昔から今もだけど土地持ちだしここらへんでは一番お金持ちなんよと教えてくれた。



また写真を撮っていると、おじさんに声をかけられて。あんたが撮ってるこの場所が観光マップ?に載ってたよから始まって。家にまであげてもらいまして。
凄いよね。町並みってさ。やっぱり外観しか見れないわけやん。
中に入ることなんて出来ない。入らせてもらうと庭とかも見れるわけよ。
これがまた凄いんだわ。凄い広いわけではないんだけど。。。
家に飾ってある槍とかあと写真とかさ。
いろんな古い写真を見せてもらいました。
グラーバーさんの息子がここに来てキジ撃ちをしている写真とかさ。
へぇ~みたいな。
なんていうかさ。
この神代を歩きまわってここはなんか違うって思ったのってさ。
実際に住んでるからなんだろうなって思う。
昔の状態で今も住んでいる。
よくここが武家屋敷地区でとかこのゾーンが武家屋敷で昔の状態で残っていますとかってあるんだけど。そこに誰かが住んでいるわけではなく。
道具とかその当時のものかはしらんけどさ。
侍の人形とか置いたりしてさ。
それってただの展示したものっていうかセットにすぎないんだよね。
正直、外観はいいけど。中に入って見たいって思わない。
この町は昔の状態で実際にみんな住んではるからね。
そこで町の雰囲気じたいも違うって感じたんだろうね。



これが鍋島陣屋。
マップルとかにはこの鍋島陣屋の写真が載ってるんだけど。
街の方が見ててよかったなって思う。
街が生きているっていうかなんというかね。

で神代町から島原城を見に島原へ。
神代町駅には私しか降りなかったし街も観光客は私しかいなかったけど。
島原には観光バスは来てるし観光客がいっぱいいてた。
でも。。。私的には神代町の方が圧勝だったな。
この写真が武家屋敷通りで。。。
まぁ。見てて楽しいものでない。
城もさ。島原城って言われてもさ。
なんだかなぁって感じだし。



天草四郎の銅像。
う~ん。街じたい正直。微妙だった。
昼ごはんは城の前の店で具雑煮を食べる。
この具雑煮は島原の乱の時に篭城中に食べたのが起源らしい。
食べてみた感想は。。。微妙。



島原はあんまり楽しくはなかった。
あと島鉄でもそうだし長崎の路面電車でもそうだけどさ。
「拳銃はいらない」みたいなポースターが貼ってあるんよ。
拳銃は持ってはいけない。持ってたら届けにいきましょう。みたいな。
そんなポスター。。。ここに来るまで見たことなかったよ。
長崎って拳銃が出回ってる町なの?って思った。
こんな平和そうな町で。。。。

長崎の旅 ~軍艦島&眼鏡橋~

船上で軍艦島が見えた瞬間からテンション上がりまくり!
シャッター押しまくり!
つうか撮ってて楽しい!
写真の出来うんぬんよりも。。
撮ってるだけで楽しい!!
新しくレンズ買ってよかった!
パソコン買う金でレンズ買ってよかった!
すっげぇ!楽しい!!



軍艦島上陸できるからといって。
行ける場所はごく一部。
写真の右の方にある建物が端島小中学校。
ここは小中一貫校で今でこそよくありますけど。
小中一貫校のはしりだったそうです。
で、この手前にドルフィン桟橋があるんだけど。
桟橋に船を近づけて紐をくくりつけて固定して島に渡るんですよ。
なので波があらい時は上陸できないとのこと。
一年間で100日くらいしか上陸出来ないんだってさ。
あと桟橋(島の入り口)は内海側にあるんです。長崎側に。
内海の方が外海に比べて波が荒くない為だそうです。
炭鉱施設も内海側にあります。
大事だから。
逆に住居は外海側にあります。
全然、大事じゃないから。
波が荒れて大事な炭鉱を住居であるマンション群が守る防波堤の役割をしていたそうです。人命よりも炭鉱。



上にある建物が3号館。
幹部用、身分のエライ人達が住んでいたマンション。
左の方に貯水槽があり船で水を運んでいったん貯水槽に貯めて水を使います。
この島では水は貴重なものという事になります。
3号館には全て風呂がついていますが他のマンションには風呂はついておらず共用風呂となっています。

軍艦島は元々は今の3分の1の大きさの島だったんです。
ここで石炭がとれて人が移り住み。
そのうちどんどんと人工的に埋め立てていくうちに今の形となったわけです。
軍艦島。。。
天然の島の上に人工的なものが作られてあのような形になったわけではなく。島の大部分が人工的なものだったんですね。なんか。。。



ここは炭鉱関連施設跡だったと思う。
いい具合に崩れております。
この時期には建築基準法とかなかった為に。。。
建っているマンションとかも必要以上に柱に鉄骨を入れていまして。
なのでなかなか崩壊するって事がないんだって。
頑丈に作ってるってことですかね。
耐震強度偽装マンションとかとはレベルが違うってこと。
この軍艦島は1974年1月15日に炭鉱が閉山になってるんよ。
私の生年月日は1974年1月12日。
軍艦島が無人島になったのは1974年4月20日。
なのでちょうど無人島になって36年たったわけだ。
36年たってもしっかり建ってる。



ここは事務所跡。
軍艦島の人々の暮らしなんだけど。
稼いでいたらしいです。
その当時の一般的な給料の三倍を手にしていたらしいですから。
今だったら年収1000万以上あったとかそのレベルだったんでしょうね。三種の神器であるテレビ、洗濯機、冷蔵庫の日本の家庭の普及率が20%だった頃、この軍艦島では100%だったそうです。



で船で帰る。。。
船尾に参加者が集まり。。。
カメラのシャッターおしまくり!
取り憑かれたように撮りまくり!
私も負けずに撮りまくる。
この写真が一番、軍艦っぽいかな。



その後、丸山・思案橋方面にいく。
桃太呂のぶたまんを頬張りつつ街を歩いたわけなんだけど。
またテンション下がりまくり。。。
はぁ。。。なんなんだこれ。
旅とか向いてないのかなと思ってみたり。
しかし。。。ここって自転車乗っている人いないよな。
崇福寺によって有名な眼鏡橋へ。



なにこれ。。。
なんか凄くむなしかった。
きっちんせいじでトルコライスを食べる。
正直、微妙。
夜中もぶらぶらしてネカフェで一泊した。
あと夜中に平和公園も行ったんだけどさ。
驚いたんだけどホームレスとかいないね。
ああいう公園とかあったらさ。
何十人単位でホームレスが住んでいてもおかしくないのに。
不思議と一人もいなかったです。
もしかしたら長崎にはいないのかもしれん。

長崎の旅 ~出島&中華街~



三連休は長崎に行ってきました。
今年の大河ドラマ「竜馬伝」を見ている事もあり。
最初は竜馬の生まれ育った土佐に行こうかと思ってたんですけどね。なんやかんや考えているうちに行き先が長崎になったんです。

長崎ってさ。凄い思いいれがあるんですよ。
中学校の修学旅行で私は長崎に行きたかったんよ。
私の一つ上の学年まで長崎やったんよ。
なのに私の代から修学旅行を学年で選べるようになってさ。
東京(ディズニーランド)か長崎か信州の三つのうちから選べるようになってさ。
なぜか。。。なぜか一番行きたくない信州になったんよ。
信州って何あるねん。みたいなさ。
これが黒部ダムだよって言われてもさ。ね。
牧場でジャム作りましょうって言われてもさ。
何が楽しいねん。
ほとんどバスに乗ってた記憶しかないよ。
中学二年の時に林間学校があってさ。
三年になっても山に行ってさ。
山に旅行ってほんまにつまらんよ。
あれから20年以上たったわけだけど。。。
あの時、出来なかった修学旅行を一人でやるって感じ。
ちなみに今回のが生まれて初めての九州なんです。

長崎駅を降りて路面電車に乗る。
最初に出島を見にいくが。。。
修学旅行生でいっぱいでした。
三日間長崎にいたわけなんだけど。。。
この出島と中華街と平和公園でしか修学旅行生には会わなかった。
行く場所は決められてるんですかね。
出島。。。微妙。
その後、中華街へ。。。。



中華街せまっ!
江山楼で、「ちゃんぽん」を生まれて初めて食べる。イケてた。
長崎って言えば「ちゃんぽん」と「皿うどん」なんだろうけど。
私はどちらも一度も食べた事なかったんですよ。
苦手というか。食べた事ないのに苦手っていうのも変な話だけど。
小学校の頃にさ。クラスの子の家で遊んでいてさ。
その子の家の前が中華屋さんやったんよ。
で、店に「ちゃんぽん」とか「皿うどん」とか垂れ幕?か張り紙かしてたんよね。
でね。。。その子の前でずっと遊んでてもさ。。。。
お客さんが入ってるのを見た事なかったんよ。
だから私の中で「ちゃんぽん」「皿うどん」って美味しくない料理ってイメージが出来てしまったんだと思うんだよね。
こういう機会がなければわざわざ、「ちゃんぽん」なんて頼まなかったと思う。



食事した後は唐人屋敷エリアに向かったわけやけど。
なんつうかさ。なんだろうね。
写真は唐人屋敷跡が四つあるお堂の中の一つのお堂の隣の道なんだけどね。長崎に対する私の期待値が高すぎたためだろうか?
どんどん。。。テンションが下がっていくのが自分でも分かったんだよね。
長崎旅行一日目の午前中ですでに。。。失敗したかなって思ってた。というか。。。何故?長崎にしたんやろう?って。
歩きながらずっと思ってました。

私が軍艦島を知ったのは今から20年くらい前だったと思う。
当時、私は高校生くらいだったと思うんだけどね。
「探偵ナイトスクープ」で依頼者が軍艦島に行きたいみたいな感じで。当時は軍艦島に行くって事が出来なかったので船で島の外観だけ見るだけだったと思うんだけど。番組としては軍艦島の歴史とか栄華を極めた時代の写真とか映像とかで一つのVTRにまとめていたんだけどさ。
そのVTRが当時、高校生だった私の心を鷲掴みにしたんですよ。
自分も行きたいと思いながら20年。。。。
何年か前からそういうツアーをやりだしたって事も知ってたけど。
場所も遠いし。。。行く事はないだろうなって思ってたけど。。。
今日のその時がやってまいります。



しかし!船で何分くらいかかったんだろう?
いがいと時間かかる。20分?30分?
船上!寒い!!
寒すぎる!!
あと参加者は、年配から若い子まで年齢層はさまざまでした。
ぷろふぃーる
名前:くらげネコ
1974年生まれ
「進撃の無職」早見ページ
ひとり旅まとめ
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ