海月日和

旅行とオフの写真など

年末〆

2015年読んだ本ベスト5

1位「2045年問題~コンピューター・人工知能が人類を越えるとき~」
2045年問題 コンピュータが人類を超える日 (廣済堂新書)
松田 卓也
廣済堂出版
売り上げランキング: 4,162


この本は読んだ方がいいと思う。
信じるか信じないかは別にしてこういう事も知ってたほうがいいかなと。
私は信じているけどね。
あと考え方として私みたいなバカな人ってさ。
自分で考えて勉強したところで理解出来ないのよ。
バカな人間が1000人、1万人集まって10年たったところで何にも生み出す事が出来ない。
そりゃあ10年たてばたしょうは成長するとは思うけど。
一人の天才が10年たてば飛躍的に技術は発展していくんよ。
バカな人が自分が理解出来ない事は信じないってのはやらない方がいいと思う。

2位「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」
なぜ、この人と話をすると楽になるのか
吉田尚記
太田出版
売り上げランキング: 3,505


コミュニケーション本なんだけど。
よくあるようなテクニック集とかではなく。
何故?私はコミュニケーションをとりたいのかってのを再確認させられる本。
別に客にたくさんものを売れるようになりたいわけでもなく面接でいい企業に入りたいわけでもなく。
出世したいわけでもなく利益の為にコミュニケーションをとりたいわけではない。
ただ楽しく生きたい為に会話がしたいんだよね。
そういう体験も含めたゆるい本。

3位「モモ」
モモ (岩波少年文庫(127))
ミヒャエル・エンデ
岩波書店
売り上げランキング: 263


自分が生まれる前に書かれた本。
よくこういう事を考えれるなーって思ったしだい。
凄い有名な本らしい。なので読んでない人は読んでみたらどうかな?

4位 該当本なし

5位 該当本なし



ランク外でそこそこよかったもの

無人島に生きる十六人
最貧困女子
持たない幸福論 [ pha ]


今年は本をほとんど読んでないんだよね。
だからこれ!と言えるものがあんまりない。
phaさんの持たない幸福論もまあ。そこそこってところかな。

2014年読んだ本ベスト5

1位「ジェノサイド」
ジェノサイド
ジェノサイド
posted with amazlet at 14.12.25
高野 和明
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 6,617

素直に一番面白かった!
ぐんぐんこの世界に引き込まれていきました。
あとアフリカの事情がよく分かると思います。

2位「振り込め犯罪結社」
振り込め犯罪結社 200億円詐欺市場に生きる人々
鈴木 大介
宝島社
売り上げランキング: 98,725

絶対に読むべき本です!おすすめ!
振込み詐欺の歴史そして全貌が分かります。
私は父の日にこの本を贈りましたw

3位「謎の独立国家ソマリランド」
謎の独立国家ソマリランド
高野 秀行
本の雑誌社
売り上げランキング: 3,907

途中までただ読み進めていくだけでさっぱり分からないだけど。
じょじょにアフリカ大陸の風土が分かってきます。
ジェノサイドとこれ読めばばっちりだと思う。

4位「武士の家計簿」
武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
磯田 道史
新潮社
売り上げランキング: 5,114

映画化やドラマ化しているものを勧めるのはひけるけど。
歴史好きには面白い題材となっています。
おすすめ。

5位「母が重くてたまらない」
母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き
信田 さよ子
春秋社
売り上げランキング: 12,062

これを5位に入れるのはどうかと思うけど。
現実に私達の年代より下の女性とかはこんな感じなんだろうなって。
この部分も現代のピースの一部だと思う。

ランク外でよかったもの
ボックス
親の家を片づける
のぼうの城
誘蛾灯

ちなみに2013年ベスト52012年ベスト52011年ベスト5もあります。

2013年読んだ本ベスト5

1位「トッカン」

こういうのを一番にしていいものかと思うけど。
素直に面白かったから。
読んで理解したことは税務署に目をつけられたら丸裸にされる。

2位「そうだったのか!中国」

池上さんのこのそうだったのか!シリーズは全ていいです。
いまいちよく分かってなかったものなどが。
点と点が線で繋がっていく感覚が味わえます。
名著!中でもこの中国のは読むべき。

3位「この世でいちばん大事な「カネ」の話」

節約とかお金に対してのよくあるエッセイなんでしょ。
って思って読み出したんだけど。。。想像してたのとかなり違う。
いろんな人がオススメしてた意味が分かります。

4位「ニートの歩き方」

私が尊敬するphaさんの本。え?尊敬しているの?
いやぁ。。。分からんけど。。。
この日本では就職活動失敗して自殺する人がニュースになっていたりします。
そういう人に死ぬ前に読まさせたい。というか日本国民が全員読め!
中学校の教科書に採用しろ!

5位「織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代」

織田信長の事業を経済学の面から見ています。
これを読むとあの時代に信長しか天下平定は出来なかったと思うと思います。
信玄でも今川でも毛利でも政宗でも無理だったのです。
軍事面だけでは無理なのです。
もし信長がいなければ今の時代でも不具合がしょうじていただろうと思われます。

ランク外でよかったもの
収容所に生まれた僕は愛を知らない
兄弟は他人の始まり
原発放浪記
裸でも生きる
日本が世界一貧しい国である件について

ちなみに2012年ベスト52011年ベスト5もあります。
ぷろふぃーる
名前:くらげネコ
1974年生まれ
「進撃の無職」早見ページ
ひとり旅まとめ
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ